【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】:第2回「チームとして力を発揮する」とは

2010年のW杯の日本代表は、なかなか結果が出ず、本番直前までチーム作りに苦労していた。実際に、本番直前にも関わらず、レギュラーを入れ替え、ポジションの組み換えをし、模索と試行錯誤を繰り返していた。 そのような状況であっ…

PFCコンサルタント・ジャンゴの「ちょっといい話」~プロセス設計と個を活かすプロの会議手法

今日はセミナーからの気づきではなく、友人に勧められて読んだ本からの気づきを紹介したいと思います。 その本とは、今のお笑いブームの先駆者的存在でもある島田紳助と松本人志の共著である「哲学」です。(幻冬舎出版) この書の中で…

異文化調理人薫子のコラム~グローバル人材 vs 日本人の美学

皆さん、こんにちは。 私は今までのコラムで日本人の英語力の無さを嘆き、日本人ももっと中国人のようにがんがん前に出るべきといったようなことを書いておりましたが、最近少し考えが変わってきています。 私のミッションである「グロ…

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】:第1回 美意識がないと問題は見えない

今年2010年は、4年に一度の世界の祭典、サッカーのW杯、南アフリカ大会があった。子供の頃からの筋金入りのサッカー狂でこよなく日本代表を愛する私にとっては、好ゲームが多くかつ日本代表も大方の予想に反して活躍し、幸せに酔い…

PFCコンサルタント・ジャンゴの「ちょっといい話」~研修効果を上げるには?

最近研修を実施していて、 「どうすれば研修の効果を高めることができるのでしょうか?」といったご質問を研修の事務局様からよくいただきます。 他社の人事の方と交流をしていてよく話題になるとのこと。 具体的には 「同じ研修を実…

異文化調理人薫子のコラム~「シリアスプレイでチームを作る」レポート

秋分を過ぎてだいぶ涼しくなってきましたね。後3ヶ月で今年も終わりかと思うと、時が経つのは早いなぁと感じます。 先日、ファシリテーターズ・クラブのセミナー「シリアスプレイでチームをつくる」に参加してきました。ここ数年、グル…