【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】:第7回なでしこジャパンに見る女子力~強さの秘訣~

今回は、別に書いていた原稿を破棄してまで、急遽、なでしこジャパンをテーマに書き残しておくことにした。書かずにはおれない。私自身、生きているうちにこんな光景を目にすることができる日が来るとは、思いもよらなかった。決勝戦では…

【田岡純一】ジャンゴのちょっといい話~ビジョンを達成した自分への手紙でアクションを強力にサポート

今回は入社して3年が経過した社員の皆さんを対象にした研修を受講した方からいただいた嬉しいメールの一部をご紹介したいと思います。 その研修の主な狙いは、入社後の自分の経験や身に付けた知識・スキルを棚卸しし、さらに3年後の自…

【目指せグローバル才女!薫子の「飛んだ人生」】上司が誤ったデータに基づいたプレゼンをしている。。。。

上司が誤ったデータに基づいたプレゼンをしている。。。。こんなとき、あなたならどうしますか? 皆様、こんにちは。薫子です。5月下旬から一ヶ月日本に滞在して、20日間連続で研修実施という(自分にとっての)金字塔を打ち立てて、…

【ジャンゴのちょっといい話】”ピンチをチャンスに!” -りーダーの姿勢はチームに伝染する-

ある小売業での店長研修で、顧客の来店頻度をいかに高めるかの議論をしていたときのことです。 一人の受講生(A店長)から 「うちの会社は、新商品の在庫切れや、購入条件つきのプレゼント等の品切れが頻繁に発生するんです。先日も1…

【山田奈緒子】多様性を強みに変えるチームコミュニケーションー非正規社員を戦力化 期待を示し視野を広げよ

******************** このコラムは、山田奈緒子が日経情報ストラテジー2009年7月号から12号に掲載した記事をリライトしたもので、性別、文化、雇用形態等、様々なダイバーシティについて考察しています。 …

【目指せグローバル才女!薫子の「飛んだ人生」】グローバル人材の要件

ここ1-2年の間に「グローバル人材育成」に関する記事が新聞や雑誌に多く載るようになり、異文化の相手と効果的に仕事をするための研修のニーズも急上昇しています。4-5年前には、「異文化間コミュニケーションスキル」研修をご紹介…

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】:第6回日本のスタイルの追求~見直すと見出す

私が敬愛する映画監督にジム・ジャームッシュという人がいるが、彼の作品で「ゴーストドッグ」という映画がある。NYの殺し屋の話なのだが、その殺し屋は、決して電話やFAXなどでは依頼を受けないし、仕事の連絡をしない。鳩をたくさ…

【山田奈緒子】多様化する職場で成果出すリーダーの姿勢こそ重要-ダイバーシティーの意義と定義を考える

******************** このコラムは、山田奈緒子が日経情報ストラテジー2009年7月号から12号に掲載した記事をリライトしたもので、性別、文化、雇用形態等、様々なダイバーシティについて考察しています。 …

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】:第5回日本人を指導する-部活とスポーツ

W杯を通じて考えさせられたことの1つに、「日本人を指導する」ということがあった。 普段私は、研修等で多くの人を指導したり教えたりする(何かを伝え、何かに気づいてもらい、何かを実践に活かしてもらう)ことを生業としているが、…