【ウェビナー】真のサステナビリティを実現するために日本企業が今挑むべき5つのステップ / [Webinar] Five Steps Japanese Companies Must Take Now to Achieve True Sustainability

※Please find English information after the Japanese information.

~提唱者リシ・アガワル氏に聞く「ソーシャル・エコシステム」の現状と展望
~A “social ecosystem” approach advocated by Mr. Rishi Agarwal, FSG

日時:2021年10月1日(金)14:00~15:30
Friday, October 1, 2021, 14:00 – 15:30 JST

 多くの企業が、SDGsへのコミットメントを標榜し、事業を通じた社会課題解決を自社のパーパスに掲げるようになりました。一方で、それがSDGsウォッシング(やっているふり)ではないか、社会課題解決に真の意味で貢献していないのではないか、等が問われるようにもなっています。SDGsの17の目標と自社事業をつなげて見せるだけでは不十分で、実際にどれほどのベネフィットを社会にもたらしたかを定量的に示すことが要求されるようになっているのです。

 このような状況の中、日本企業からはよく「自社が取り組むだけでは社会課題は解決できない」という声が聞かれます。だからこそ、「ソーシャル・エコシステム」が不可欠なのです。

 「エコシステム」は、元は「他者と共存共栄の関係を築く」という生態系の関係性を表す言葉ですが、近年では「ソーシャル・エコシステム」という言葉で「ステークホルダーとの協働により共存共栄の関係を築く」といった意味合いのビジネス用語としても用いられています。

 そして、この「ソーシャルエコシステム」のアプローチを提唱するのがFSGのリシ・アガワル氏です

 FSGは2000年に、ハーバード・ビジネス・スクール教授のマイケル・ポーター氏と、同スクール上級講師のマーク R. クラマー氏によって創立されたCSV(共通価値の創造)コンサルティングをグローバル規模で展開する団体で、アガワル氏はそのFSGマネージング・ディレクター兼アジア事業担当リーダー。PFCファウンダーで20年以上に渡り企業の社会的役割の促進に取り組み、数々の日本の大手企業の社外取締役も務める黒田由貴子とは、ハーバードビジネスレビューでの共著などで、協働しています

 今回のウェビナーは、このふたりによる下記のようなトピックでの対談です。(アガワル氏の発言には日本語の同時通訳がつきます)

説明会のアジェンダ

※アジェンダは変更になる場合があります

パート1 :ソーシャルエコシステムとそのジレンマ  (リシ・アガワル氏)

  • ソーシャルエコシステムとは
  • 企業がこのジレンマに対処し、持続可能なソーシャル・インパクトを与えるには
  • 企業のための5つのステップ
  • 事例紹介

パート2:日本企業への示唆   (黒田由貴子)

  • グローバルにソーシャル・インパクトを与えることの重要性
  • 5つのステップを実施するにあたっての日本企業へのアドバイス

日時

2021年10月1日(金) 14:00~15:30 
(13時50分よりご入場いただけます)

対象

・経営陣・経営企画部の皆様
・CSR、CSV、SDGs等ソーシャル事業担当の方
・本テーマに興味をお持ちの一般社員の方

スピーカー

リシ・アガワル(Rishi Agarwal)
FSGマネージング・ディレクター兼アジア事業担当リーダー。ムンバイを拠点に、企業戦略の分野での経験を活用し、市場ベースのソリューションを基に、持続可能な社会の変化を推進することに注力している。



黒田 由貴子(Kuroda Yukiko)
ピープルフォーカス・コンサルティング取締役、ファウンダー。テルモ株式会社、株式会社セブン銀行など大手日本企業数社の社外取締役も務める。


料金

無料

実施方法

Zoomで実施いたします。
※ アクセス情報は、お申込み頂いた方に研修日約1週間前および前日にご案内いたします。
※アガワル氏の発言には日本語の同時通訳がつきます。

お申込み・お問い合せ

お申込みフォームはこちら
お問合せはメール( pfc@peoplefocus.co.jp )にて承ります。

※お申込み締切り:9月30日(木)


[Webinar] Five Steps Japanese Companies Must Take Now to Achieve True Sustainability
~A “social ecosystem” approach advocated by Mr. Rishi Agarwal, FSG

Friday, October 1, 2021, 14:00 – 15:30 JST

Many companies are now advocating their commitment to the SDGs and have made solving social issues through their business a part of their company’s path. On the other hand, companies are now questioning whether they are just “SDG-washing” (e.g, all talk, no action) or just not meaningfully contributing to solving societal issues. It is not enough to show the connection between the 17 goals of the SDGs and your business. Organizations must also quantitatively show how much benefit they have actually brought to society.

Under these circumstances, Japanese companies often say, “We cannot solve societal issues by ourselves.” This is precisely why a “social ecosystem” approach is essential.

“In recent years, the term “social ecosystem” has been used as a business term that means “building a relationship of coexistence and co-prosperity through collaboration with stakeholders.”

A prominent advocate of this “social ecosystem” approach is Mr. Rishi Agarwal of FSG.

FSG was founded in 2000 by Michael Porter, a professor at Harvard Business School, and Mark R. Kramer, a senior lecturer at Harvard Business School, to provide CSV (Creating Shared Value) consulting services on a global scale. Mr. Agarwal is the Managing Director and Head of FSG’s Asia Operations. He will be joined by Ms. Yukiko Kuroda, Founder of People Focus Consulting.  She has promoted the role of corporations in creating social impact over the last 20 years and is also an external board member of several publicly listed Japanese companies.

In this webinar, the two will discuss the following topics.
(The presenters’ remarks will be simultaneously translated into English or Japanese.)

Webinar Agenda

Note: agenda subject to change.

Part 1: The Social Ecosystem Dilemma (Mr. Rishi Agarwal)

– What is a Social Ecosystem?
– How companies can address social ecosystem dilemmas and have a sustainable social impact
– Five Steps companies can take
– Case Study

Part 2: Implications for Japanese companies (Ms. Yukiko Kuroda)

– The importance of making a global social impact
– Advice for Japanese companies in implementing the Five Steps

Date & Time

October 1, 2021 (Friday) 14:00 – 15:30
(virtual conference room doors will open at 13:50)

Target audience

  • Management and corporate planning departments
  • Those in charge of CSR, CSV, SDGs and other social businesses
  • Employees of Japanese corporations who are interested in this topic

About the Speakers

Mr. Rishi Agarwal
Rishi Agarwal is the Managing Director and Asia Business Leader of FSG. Based in Mumbai, Rishi is focused on leveraging his experience in corporate strategy to drive sustainable social change based on market-based solutions.


Ms. Yukiko Kuroda
Yukiko Kuroda is a Managing Director and the Founder of People Focus Consulting. Yukiko also serves as an outside director for several major Japanese companies, including Terumo Corporation and Seven Bank, Ltd.

Fee

Free of charge


Venue and Seminar Language

The seminar will be conducted via Zoom.
Access information will be provided approximately one week prior to the webinar.  In addition, a reminder email with access information will be sent one day before the event.

Simultaneous English to Japanese and Japanese to English interpretation will be provided for the presenters.

Webinar Registration and Inquiries

Click here for the application form.
※Deadline to register: Thursday, September 30th
For inquiries, please send an e-mail to pfc@peoplefocus.co.jp.