資本主義の教養学講演会 臨時開催(バーチャル開催)

全講座の案内を見る>

<講演会の概要>

日 時:2021年4月16日(金)19:00-21:00

※満席のため、お申込みは締め切りました。

運営協力:株式会社文藝春秋

実施方法:本イベントはZoomのアプリを使用してオンラインで実施します。お申込みを頂いた方に、実施3日前に参加方法をご案内致します。

定 員:300名

演 題:『DXの思考法 日本経済復活への最強戦略』刊行記念講演会

講 師:
西山圭太氏(東京大学未来ビジョン研究センター客員教授)
冨山和彦氏(IGPIグループ会長・JPiX代表取締役社長)
松尾豊氏(東京大学大学院工学系研究科教授)

プロフィール:
西山圭太氏 (東京大学未来ビジョン研究センター客員教授)
東京大学法学部卒業後、通商産業省入省。1992年、オックスフォード大学哲学・政治学・経済学コース修了。株式会社産業革新機構執行役員、東京電力ホールディングス株式会社取締役、経済産業省商務情報政策局長などを歴任。2020年夏に退官。在任中は、故・青木昌彦教授や各国首脳のブレーンとの知的交流を結び、今日のRCEPにつながる東アジア包括的経済連携協定構想の立ち上げなどに関わる。また、冨山和彦氏と共に産業再生機構、東電再建と電力システム改革にて、増田寛也氏と共に地方創生にて、松尾豊氏と共にAIにて協業。時代の数歩先を行くビジョナリーとして、日本の経済・産業システムの第一線で活躍して来た。

冨山和彦氏(IGPIグループ会長・JPiX代表取締役社長)
東京大学法学部卒業。在学中に司法試験合格。スタンフォード大学経営学修士(MBA)。ボストンコンサルティンググループ、コーポレイトディレクション代表取締役を経て、産業再生機構COOに就任。カネボウなどを再建。解散後の2007年、IGPIを設立。JALなど数多くの企業の経営改革や成長支援に携わる。パナソニック社外取締役。『AI経営で会社は甦る』『コロナショック・サバイバル』『コーポレート・トランスフォーメーション』など著書多数。

松尾豊氏(東京大学大学院工学系研究科教授)
東京大学工学部電子情報工学科卒業。東京大学大学院工学系研究科電子情報工学博士課程修了。博士(工学)。スタンフォード大学CSLI客員研究員、シンガポール国立大学(NUS)客員准教授などを経て、東京大学大学院工学系研究科教授。日本ディープラーニング協会理事長。ソフトバンクグループ社外取締役。NHK Eテレ「人間ってナンだ?超AI入門」に出演。著書に『人工知能は人間を超えるか』、『相対化する知性』(西山圭太、小林慶一郎と共著)など。

モデレーター:
堀内勉(多摩大学社会的投資研究所教授・副所長)
東京大学法学部卒業。ハーバード大学法律大学院修士課程修了(LLM)。日本興業銀行、ゴールドマンサックス証券を経て、2015年まで森ビル取締役専務執行役員CFO。現在は、社会変革推進財団評議員、川村文化芸術振興財団理事、アクアイグニス取締役会長、ボルテックス100年企業戦略研究所所長など、多くの企業・NPO・財団の理事やアドバイザーを務める。著書に『資本主義はどこに向かうのか』、『ファイナンスの哲学』など。最新刊『読書大全 世界のビジネスリーダーが読んでいる経済・哲学・歴史・科学200冊』。

講演概要:
冨山和彦氏(IGPIグループ会長)が「時代の数歩先を行く天才」と賞賛する、元経産省のスーパースターにして国家的ビジョナリー西山圭太氏。その単著デビュー作が『DXの思考法 日本経済復活への最強戦略』です。「DXの真髄を見事に解き明かした。これからのビジネス、社会を考える方への必読書」と、松尾豊氏(人工知能学者)が早くも絶賛しています。Zoom講演会では西山氏に加えて、冨山氏、松尾氏をお招きし、本書を題材に「DXの本質」「成功の極意」を伝授します。「抽象化」「レイヤー構造」といったデジタル化の最重要ロジックを分かりやすく説明し、明日からのビジネスに役立たたせることを目指します。また、アリババ、ネットフリックスから、コロナでも注目されたインディア・タックス、知られざる日本の地方企業まで、DX成功事例も紹介。さらには、会社、業界、社会はもちろん、個人、国までがDX対象となる未来の姿についても議論します。