第38回資本主義の教養学講演会(バーチャル開催)

全講座の案内を見る>>

お申込みはこちら

<第38回講演会の概要>

日 時:2021年4月9日(金)19:00-21:00

実施方法:本イベントはZoomのアプリを使用してオンラインで実施します。お申込みを頂いた方に参加方法をご案内致します。

定 員:300名

演 題:「読書大全 世界のビジネスリーダーが読んでいる経済・哲学・歴史・科学200冊」

講 師:堀内勉(多摩大学社会的投資研究所教授・副所長、ボルテックス100年企業戦略研究所所長)

プロフィール:
多摩大学社会的投資研究所教授。東京大学法学部卒業、ハーバード大学法律大学院修士課程修了。1984年日本興業銀行入行。興銀証券、ゴールドマンサックス証券を経て、2005年森ビル・インベストマネジメント社長に就任。2007年から2015年まで森ビル取締役専務執行役員兼最高財務責任者(CFO)。現在は、100年企業戦略研究所所長、社会変革推進財団評議員、川村文化芸術振興財団理事、田村学園理事・評議員、麻布学園評議員、軽井沢ソーシャルデザイン研究所理事、ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ理事、書評サイトHONZ レビュアーなどを務める。著書に『コーポレートファイナンス実践講座』(中央経済社)、『ファイナンスの哲学』(ダイヤモンド社)、『資本主義はどこに向かうのか』(編著、日本評論社)。 プロフィール:多摩大学社会的投資研究所教授。東京大学法学部卒業、ハーバード大学法律大学院修士課程修了。1984年日本興業銀行入行。興銀証券、ゴールドマンサックス証券を経て、2005年森ビル・インベストマネジメント社長に就任。2007年から2015年まで森ビル取締役専務執行役員兼最高財務責任者(CFO)。現在は、100年企業戦略研究所所長、社会変革推進財団評議員、川村文化芸術振興財団理事、田村学園理事・評議員、麻布学園評議員、軽井沢ソーシャルデザイン研究所理事、ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ理事、書評サイトHONZ レビュアーなどを務める。著書に『コーポレートファイナンス実践講座』(中央経済社)、『ファイナンスの哲学』(ダイヤモンド社)、『資本主義はどこに向かうのか』(編著、日本評論社)。

インタビュアー:岩佐文夫(プロデューサー/編集者、新しい音声メディア「VOOX」編集長)

講演概要:
資本主義研究会の運営委員を務める堀内勉が4月1日に刊行する新著『読書大全 世界のビジネスリーダーが読んでいる経済・哲学・歴史・科学200冊』(日経BP)は、人類の歴史に残すべき世界のノンフィクション200冊の書評を一冊にまとめたものである。本書は、この不透明な世界を自らの意思で切り開き、新しい社会を築いていくビジネスリーダー達に向けた、著者からの渾身の力作であり、心からの贈り物である。ジャンルは、①資本主義・経済・経営、②宗教・哲学・思想、③国家・政治・社会、④歴史・文明・人類、⑤自然・科学、⑥人生・教育・芸術、⑦日本論、の7つ。今回の講演では、本書が生まれた経緯と本書の構成を語ると共に、その中で特に資本主義研究会の問題意識に関係する、「資本主義・経済・経営」と「哲学・思想」周りを中心に、我々の拠って立つ資本主義社会がどのように生まれ、どのように今日に至ったのかを外観し、ポストコロナの社会を展望することとしたい

主催)公益財団法人 生存科学研究所
共催)株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社