バーチャルでWinWinコミュニケーション(ネゴシエーション)研修 を行いました

バーチャルならではの成果が生まれた

大手外資系メーカーでWinWinコミュニケーション(ネゴシエーション)研修をバーチャル集合研修の形で実施しました。

予定されていた研修をバーチャルで行う場合、我々は大きく2つの展開方法を考えています。
1)オンデマンドを活用した事前学習+短縮したプログラムでのバーチャル集合研修
2)既存の対面研修をそのままバーチャルに置き換える

今回は1の方法で実施しました。

講師の吉村浩一は実施しての手ごたえとして以下のような点を挙げています。
・個人で学べることはオンデマンドの事前学習で、集団で学びをつくることはバーチャル集合研修の場で、とメリハリをつけることによって学びをより確実なものにすることができた
・討議/対話/演習中心のバーチャル集合研修の場では、学びの観点や振返りの観点を明確にすることで、受講者自身の気づきや相互の学びを最大化することができた
・チャットやリアクション機能をふんだんに活用したことで、対面研修以上の双方向性が実現でき、講師とのやりとりや受講者相互の情報共有や学び合いが盛んにおこなわれた

また、バーチャル集合研修の場においては、自分のパーソナルスペース(≒自分の居心地のよい場所)を確保しつつ、他の参加者とつながることができたので、受講者の皆さんの心理的安全性が担保されたことも成果だったそうです。

有効だったグループ演習

研修終了後、受講者の方から下記のような感想をいただきました。グループ演習での学びが、実務に役立ったという、非常にうれしい内容でした。

(受講後に行われた)予算会議をいつもと違うスタイルを実践することができました。今回の研修を事前に受け、意識することで、いつもと異なるスタイルで臨めました。いつもなら、男前に(?!)言われるがまま、予算を多く取ってしまう私でしたが、今回はしっかりwin-winを念頭に考えることで予算を取ることが良いというのではなく、営業所として勝てるチームを作るために、どうするべきか、を話しました。その中で自身が上期に活動してきたこと、今の営業所に足りない事、勝つためにすべきことをお伝えすることでメンバーに理解いただく事が出来ました。


PPFCではさまざまな研修・ワークショップをバーチャル集合研修化し、ご提供しています。プログラムをお探しの方、まずは体験してみたいという方はお気軽にこちらからお問い合わせください。