「リモートワーク時代の組織開発ハンドブック」を差し上げています。

リモートワークへのシフトが加速しています。
もともとグローバル化やITの進展などを背景とし、働き方改革促進の肝の一つと位置づけられ、そして東京オリンピックを前にして注目がより大きく集まっていたリモートワークですが、2020年春に起きたCOVID-19(新型コロナウィルス)対策として、これまでリモートワークを進めていなかった企業にも緊急に対応が求められています。

ピープルフォーカス・コンサルティング(PFC)では以前から、リモートワークによって必要となる、バーチャル・コミュニケーション、バーチャル・チームの運営、あるいはバーチャル・ワークにおけるリーダーシップのあり方などについて研究を重ね、そのための研修プログラムを国内外の大手企業を中心に提供してきました。

また、私たち自身も、リモートワークを実施するにあたって思いつくであろう課題のほとんどを、多くのメリットと共に経験してきました。役員・社員含め20年近く前から海外や地方でリモートワークしているスタッフもおり、全世界に広がる現地コンサルタントたちと共に、東京のオフィスのスタッフと協働しています。クライアントとのコミュニケーションも全国・世界に散らばる皆様と行ってきました。試行錯誤をする中で、私たち自身が、実務の中で、効果的な考え方や具体的な解決策を見出してきました。

本ハンドブックでは、我々の知見の一部を、以下の章立てでご紹介しています。
・リモートワーク時代の“ワーク”
・リモートワークの可能性
・リモートワーク時代のチーム運営
・リモートワーク時代のリーダーシップ
・リモートワーク時代のファシリテーション
・リモートワーク時代の人材育成

ハンドブックはこちらからダウンロードしていただけます。
ぜひご一読下さい。
皆様のリモートワークの一助となれば幸いです。