第35回資本主義の教養学講演会(バーチャル開催)

全講座の案内を見る>>

<第35回講演会の概要>

日 時:2020年10月5日(月)19:00-21:00

実施方法:本イベントはZoomのアプリを使用してオンラインで実施します。お申込みを頂いた方に参加方法をご案内致します。

定 員:300名

演 題:「次のテクノロジーでコロナ後の世界はどう変わるのか~経営の視点に必要なDX入門講座」

講 師:山本康正氏(dnxベンチャーズ インダストリーパートナー)

プロフィール:
東京大学修士号取得後、米ニューヨークの金融機関に就職。ハーバード大学大学院で理学修士号を取得。卒業後グーグルに入社し、フィンテックや人工知能(AI)などで企業のデジタル活用を推進。現在ベンチャーキャピタリストとして日本と海外のベンチャー企業のビジネスモデルを精査し投資している。

 

 

日米のリーダーシッププログラム 「US-Japan Leadership program」フェロー、ロックフェラー財団による 2016年Asia Society Young Leader。著書に『次のテクノロジーで世界はどう変わるのか』(講談社現代新書)がある。

講演趣旨:
新型コロナによりデジタルの活用は企業にとって欠かせないものであることが浮き彫りになりました。デジタル庁の設置も検討されているなか、デジタルを経営ビジョンに取り込むとは、DX(デジタル変革)とは何か。
つまり、業界の壁はなくなり、テクノロジーによって土台が築かれ、その上ですべての企業が活動するような状態が加速する、まったく新しい世界が出現します。
なぜアップルやAmazonなどが時価総額100兆円を超える規模になってきているのか、という背景を解説します。

  • 近未来の企業・世界はどのような形となるのか
  • テクノロジーの根本を理解するカギ「トライアングル」とは?
  • FAANG+M(フェイスブック、アップル、アマゾン、ネットフリックス、グーグル、マイクロソフト)はなぜ強いのか?
  • 世界を変える、近未来の7つのメガトレンドとは?
  • これから基幹となる、主流を占めるテクノロジーとは?

ちなみに講師が言う7つのメガトレンドとは下記のとおりです。企業や世界は、このような形に変化していくでしょう。

メガテクノロジーが引き起こす7つの大変化

・データがすべての価値の源泉となる
・あらゆる企業がサービス業になる
・すべてのデバイスが「箱」になる
・大企業の優位性が失われる
・収益はどこから得てもOKで、業界の壁が消える
・職種という概念がなくなる
・従来の経済理論が進化する

 

 

主催)公益財団法人 生存科学研究所
共催)株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社