8/2(金)恵比寿ソーシャル映画祭 vol.24ドキュメンタリー短編映画「ダイヤモンドの来た道 ~シエラレオネ 採掘現場の声~」(映画鑑賞×トークセッションつき)が開催されます。

ピープルフォーカス・コンサルティング(以下、PFC)・CSR/CSV事業推進リーダーの千葉達也です。PFCでは、グローバル・エンゲージメント研修の開発やGEI有志会の開催等、社会的課題をテーマにした取り組みを行っています。そして、さらにその一環として社会派ドキュメンタリー映画を上映し対話する恵比寿ソーシャル映画祭を2016年4月より開始しました。

vol.24では、ドキュメンタリー短編映画「ダイヤモンドの来た道 ~シエラレオネ 採掘現場の声~」を上映します。 鑑賞後には特定非営利活動法人ダイヤモンド・フォー・ピース(以下、DFP)代表理事の村上千恵様をゲストに迎えたトークショーも予定しています。 

【作品紹介】

2006年に公開されたサスペンス映画「ブラッド・ダイヤモンド」(レオナルド・ディカプリオ主演)を観たことがありますか?
西アフリカのシエラレオネの内戦下、紛争の資金源となる紛争ダイヤモンド採掘場での強制労働など、紛争ダイヤモンドを取り巻く社会課題が多く描かれた作品でした。
※映画は、第79回(2006年度)アカデミー賞にて主演男優・助演男優・音響編集・録音・編集の5部門にノミネートされ、今でも動画配信等で見ることが出来ます。

今回上映するドキュメンタリー短編映画「ダイヤモンドの来た道 ~シエラレオネ 採掘現場の声~」は、現地のダイヤモンド採掘の現状を関係者へのインタビューを通して描いた映画です。映画「ブラッド・ダイヤモンド」で取り上げられた内戦は終わっていますが、その後の現地の状況を垣間見ることができます。

■「ダイヤモンドの来た道 ~シエラレオネ 採掘現場の声~」
公式サイト:http://diamondsforpeace.org/movie1/
本映画は、英国にあるバース大学の教員ロイ・マコナシエ氏をはじめとするチームが、シエラレオネ共和国で1年に渡る調査の上、制作したものです。ダイヤモンド・フォー・ピースは、制作者の許諾を受け、日本語字幕を制作しました。

【解説】
シエラレオネの主な産業は、年産約 250 億円相当のダイヤモンド。
世界へ供給されるダイヤモンドの約 2 割は、手掘りで採掘されたものです。
しかし、ダイヤモンド鉱山地域の手掘り採掘労働者は、労働搾取や人権侵害により極貧状態にあります。映画の舞台であるコノ地区はシエラレオネ最大のダイヤモンド産出地域で、20 万人が採掘労働に携わっています。
労働者の 1 日の賃金は平均すると 50 円で、家族を養うこともままなりません。

彼らを搾取する出資者との関係は国際的にも注目され、「現代の奴隷制度」とも言われています。政府による制度化や監視は実効性に乏しく、違法採掘、闇取引や密輸が横行。映画ではその現状について掘りダイヤモンド採掘労働者、採掘権保有者、仲買人、ベルギーの輸入業者やジュエリー販売業者、関係者それぞれの視点から思うことが述べられています。
予告編を見る
――――
映画鑑賞後には、全てのダイヤモンドが人道・環境配慮の上、採掘・カット・製造されることが当たり前の社会を目指して活動されている特定非営利活動法人ダイヤモンド・フォー・ピース(以下、DFP)代表理事の村上千恵様をゲストに迎えたトークショーを予定しています。 

■日時:
2019年8月2日(金)
19:00  開場
19:30  開演
19:35  映画「ダイヤモンドの来た道 ~シエラレオネ 採掘現場の声~」上映
20:15  トークセッション
     (特定非営利活動法人ダイヤモンド・フォー・ピース代表理事 村上千恵様)
20:45  交流会(希望者のみ)21:30  終了

■トークセッションゲスト:
村上 千恵様
特定非営利活動法人 ダイヤモンド・フォー・ピース 代表理事
1998年ジョージワシントン大学国際開発学修士。
~プロフィール~
ハイチ共和国、JICAラオス事務所、広告代理店、ビジネスコンサルティング企業等の勤務を経て、2009年~2011年ケニアにてJICA専門家として活動。自身に贈られた婚約指輪をきっかけに、ダイヤモンドの裏の問題に気づく(採掘労働者の極度の貧困、児童労働、強制労働、暴力、紛争ダイヤモンド、環境破壊など)。それらの問題解決に貢献できないか考え、フェアトレードの手法が使えるのではという結論に辿り着く。これらの問題を解決するための組織として、ダイヤモンド・フォー・ピースを設立。国際開発コンサルタントとしても活動中。

■場所:
キャスレーコンサルティング株式会社 セミナールーム
(東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31F)

■参加費:
映画鑑賞;無料
プチ交流会参加:500円(ドリンク+軽食つき)

■定員:
30名

■参加方法:
下記PeatixURLより参加の申し込みをお願いします。
https://esff190802.peatix.com/

■備考:
『映画感想文コンクールのご案内』(募集期間:2019年6月1日(土)~9月5日(木))
映画は、第7回アフリカ開発会議横浜開催連携事業及びTICAD7(第7回アフリカ開発会議)パートナー事業として認定されており、映画鑑賞後の感想文コンクールを開催しています。映画祭への参加が難しい方も、オンライン(本編約35分 無料)で映画を鑑賞し応募いただけますので、ぜひご参加ください。
2019映画感想文コンクール詳細:http://diamondsforpeace.org/movie1/

<共催>
株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング
キャスレーコンサルティング株式会社

<協力>
銀座ソーシャル映画祭

 <会場での注意事項>
※映画専用の機材・会場ではありませんので、⼀部⾒えにくかったり、
ビル内の音が聞こえてきたりすることも想定されます。あらかじめ了承ください。
※上映開始後の入場は、座席を制限させていただく場合があります。
※託児所は設けておりません。未就学児のご参加はご相談ください。
※車椅子での来場を希望される方は、事前にご相談ください。