新時代のリーダー育成プログラム「GIAリーダー@スリランカ」参加者大募集!

<PFC代表 松村卓朗より>
今年の7月、久しぶりに2週間に渡ってスリランカに行くことに決めました。
我々PFCのフラッグシップ・プログラムとして、10年に亘って毎年行ってきたGIAリーダー・プログラムに、今年エントリーされるクライアントの皆さんと共に参加します。

前回、私がこのプログラムに参加したのは2013年のことでした。
当時の体験は、「GIAリーダーの旅」というブログに記しました。

・(日本にいたら求められることのない)チャレンジの連続
・(日本では経験できない)価値観を揺るがす経験
・グローバルリーダーとの出会い
・この国はどういう国でこの国のために何ができるかを、構造的に・具体的に考える体験
といった章立てで、経験したことや考えたことを詳らかにしました。
「この旅が私に大きなインパクトを残したことは間違いない。」と結びました。

このプログラムには、大手企業やNGO・NPOなどから選抜されたメンバーや、次世代リーダー候補がそれぞれの目的や課題を持って派遣されます。プログラムのスタートは4月19日。自社のグローバル・リーダー育成に是非活用していただければと思います。

新興国で活躍できる真のグローバル・リーダー育成

gia_5

現地の人々と共に家を建てる参加者

新興国においてビジネスをリードする為には、市場に関する知識だけでなく、ビジネスを通じて現地の社会課題の解決を目指す使命感、広い世界観と従来の慣習にとらわれない発想力が求められます。GIAリーダー・プログラムは、新興国で活躍できる次世代グローバル・リーダーに必要な以下の3つの資質を、スリランカでの体験学習を軸に身につけるプログラムです。

G: グローバル・リーダー
新興国の躍動を体感することにより、内向きになりがちな日本人の視座を、地球規模の世界観に基づくようにする
I: イノベーティブ・リーダー
新興国市場のニーズに応えることにより、近年台頭するリバースイノベーションの発想と戦略を学ぶ
A: オーセンティック・リーダー
社会問題の解決に取り組むことにより、自分自身の使命や価値観を見出し、リーダーとしての人間力を高める

プログラムから期待される成果

GIAリーダー・プログラムは、言語や文化の壁を超えて、現地の人々とネットワークを構築。新興国の今を知り、ビジネスモデルの構築を行う、実践的なプログラムです。

  1. 新興国の荒波の中で、様々な制約をクリアしながら、独力で成果をあげる
    英語で発言、確認、提案、説得・・・。2週間の現地滞在で様々な制約や言葉の壁を乗り越えて成果をあげることが求められる。自社のネームバリューが通用しない場で、自身の力でどこまで発揮できるかの腕試しの連続。
  2. 現地の様々な人々とのネットワークの構築
    新興国・BOPでの市場開拓に欠かせない、業種やセクターを超えたコラボレーションについて、学び実践する。組織の枠組みを超えたリーダーシップを発揮し、訪問相手にインパクトを与えるミーティングをやり遂げる力も身につける。
  3. 新興国の「今」を知り、日本では得難い価値観を身につける
    e3839ee382a4e382afe383ade38395e382a1e382a4e3838ae383b3e382b9e381a7e8b5b7e6a5ade38197e3819fe4babae38292e8a8aae5958fe8bbbd

    マイクロファイナンスで起業した現地の方からヒアリング中の参加者

    スリランカの「今」をとらえるための訪問先やディスカッション相手を数多くアレンジ。現地企業の経営幹部や政府高官、あるいは宗教界リーダーとの対話や、現地家庭の訪問、貧困層の住民との交流も行う。

  4. 現地の自立を促進するビジネスモデルを作ることを目指す
    慈善活動ではなくビジネス。援助ではなく協業。新興国が持つ社会課題の解決とビジネス(利益)を両立させるビジネスを構想して行く。

プログラム内容について詳しくお知りになりたい方はpfc@peoplefocus.co.jpもしくは担当コーディネーターまでお気軽にお問い合わせください。
来年度以降の派遣をお考えの人材育成担当者の方には、プログラムの聴講、体験参加もご用意しています。
※2019年度実施概要はこちらをご覧ください。