atd2018_glovalv2

【ジャンゴのちょっといい話:田岡純一】2018年ATDカンファレンス・レポート(その2)

2018年ATDカンファレンス・レポート(その2)

レポート(その1)こちら

今回は2018年ATD-ICEに参加して感じたタレントディベロップメントの潮流について、キーワードをご紹介しながら考察してみたいと思います。

デジタル・トランスフォーメーション

デジタル・トランスフォーメーション(Digital transformation)とは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念である。2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱したとされる。(by ウィキペディア)

このデジタル・トランスフォーメーションの流れは無視できない勢いでタレント開発の分野にも影響を与えていることを、ATDチェアのTara Deakin氏が基調講演前のスピーチで述べていました。
特にAIの進化は目を見張るものがあり、何百万もの仕事が自動化されロボットが行う時代がすぐにやってくる。実際に仕事を失う人や、失うことへの恐怖を感じる方も数多く出てくるでしょう。だからこそタレント・ディベロップメントに関わる私たちがAI時代における仕事の再定義、タレント開発やキャリア開発の見直しを行う必要があることを強調されていました。

AIが得意な分野、人が得意な分野を整理しAIとの共存、共栄を目指していくことになるように思いました。特にテクノロジーに関しては従来のE-Learningやマイクロラーニングといった学習方法に関する内容は存在していましたが、仕事観や働き方にまでATDスタッフが踏み込んで言及したのは今回が初めてだと思います。

今後のタレント・ディベロップメントの流れに大きな変化が起きるものと感じました。

リスキル・アップスキル

上述した通り、デジタル・トランスフォーメーションによって従来人が身につけるスキルにも変化が生じます。

リスキル(Reskill)は、新しい技術を身につける、時代のニーズに合うよう再教育するといった意味合いで用いられていたように思います。デジタル・トランスフォーメーションが進む中、そのテクノロジーを活用するために新たなスキルの習得も必要になってきます。
また、同時に人にしかできない、あるいはまだ人の方が得意な分野でのスキル習得やスキル向上(Upskill)が益々重要になってきています。問題はデジタル・トランスフォーメーシに対応するための予算取りを始めている企業は67%もある中、そのための教育を考えて投資計画を立てている企業はわずか3%に過ぎないということです。

人生100年時代、職業人生も60年~70年と言われていることを考慮すると、社員達が変化に対応しながら学び続ける仕組みづくりへの企業としての取り組みの必要性を感じます。

マイクロラーニング

リスキル・アップスキルの習得、変化に対応した形で迅速に開発、提供できる教育の仕組み、ミレニアル世代と言われる層に合った教育方法。こういったニーズが高まる中でフォーカスが高まっているのがマイクロラーニングです。

マイクロラーニングの定義は色々とありますが、一般的には小さく区切られたコンテンツを、短時間(1分~5分ほど)で学習する手法のことです。マイクロラーニングは主にスマホなどのモバイル機器を使って行います。よってどこからでも、いつでも、またニーズに合った内容を自分に合った方法で手軽に学べる利点があります。

従来の学習は、ある程度の分量を持った範囲を、それなりの時間を掛けて学習していましたが、マイクロラーニングではその時必要なテーマを、短時間で学ぶことができます。今回のATDでも自社で簡単にビデオ撮影しコンテンツ開発をする方法や自社開発を行うときの考え方を1枚の紙にまとめたフローの紹介等がなされていました。
つまりベンダーに依頼し、多くの時間やコストをかけてしまっては変化に対応することが大変です。いかに簡単にコストをかけず、ニーズに合った形で開発したりメンテナンスできるかがカギになります。そのためのヒントになるようなセッションも多く見られました。
また、同時にマイクロラーニングを導入し活用している企業事例のセッションも増えてきています。

atd2018_generalsession

ウェルビーイング:Well-Being

デジタル・トランスフォーメーションが進む中、一方で注目を集めていたのがヒューマニティー(人間性)。具体的にはWell-Beingに関するセッションが多くあったように思います。Well-Beingとはただの幸福の意味ではなく、人がより良く生きることを意味しています。心身の健康はもちろんのこと、社会とのつながり、人間関係、自分らしく働ける職場環境の実現といった意味を含んでいる言葉です。

今回もこのWell-Beingに関するセッションが多数あったように思います。特に私が印象に残ったセッションとして、全社あげて制度的に取り組んでいくアプローチではなく、マネージャーが中心となって促進していくアプローチです。
マネージャー自身が率先して定時で帰宅する、皆の意見をよく聴き話す機会を増やす、おやつタイムや体操タイムで交流、レイアウト変更でコミュニケーション活性化、メンバーとWell-Beingな職場創りのための意見交換の場を設ける等が紹介されていました。

デジタルから少し離れ、より自然に近い環境で、各個人のニーズに合った働き方を実現している企業事例が急激に増えてきている印象を持ちました。

マインドフルネス

Well-Beingを促進する具体的な事例として、マインドフルネスを職場に導入した企業事例もいくつか紹介されていました。マインドフルネスとは今この瞬間の自分の体験に注意を向けて、現実をあるがままに受け入れること(by ウィキペディア)。
つまりデジタル社会で脳は疲れ果ててしまっており、機能低下、生産性低下を招いている。その脳に対してデトックス効果があり、私生活においても職場においても生産性等の向上が期待されるとして最近注目が集まってきているのがこの手法です。

私が参加したセッションでは韓国LGグループのサーブワン社の事例が紹介されていました。マネージャー以上を対象に2日間のプログラムを実施したところ職場の生産性の向上、離職率の低下、病欠の減少、健康診断結果の改善、ストレスレベルの改善等が顕著に現れたとの紹介がありました。また、このプログラムに参加したマネージャーの9割以上が研修参加後も自宅で実践しているとの報告もあり、驚きです。

人は元来健康で心豊かに生きたいと誰しもが願っており、それをサポートするプログラムであるがゆえに、皆に受け入れられ実践されているように思います。

アンコンシャスバイアス:Unconscious Bias

これほど「アンコンシャスバイアス」という言葉を聞いたことがないというほど、今回のATDでは頻繁にこの言葉が出てきていました。

ロシアワールドカップの「大迫、はんぱねぇ~!」に負けないくらい頻出英単語(笑)。背景にあるのは、グーグルがパフォーマンスの高い組織に見られる特徴で紹介したことで一気に脚光を浴びた“心理的安全:Psychological Safety”があります。アンコンシャスバイアス、日本語に訳せば、“無意識に生ずる思考の偏り”といったところでしょうか。つまり無意識のうちにこの認知バイアスをかけてしまい、その結果相手のことを正しく理解できなくなってしまっている。そのことが人間関係やチームの関係性に悪影響を及ぼしている。
まずはそのことに早く気づくこと、そしてどんな場面で自分はアンコンシャスバイアスにかかりやすいかのトリガーを理解し、対応する方法がいくつかのセッションで紹介されていました。

ダイバーシティー、インクルージョンといったテーマへの取り組みを促進する意味でも、今後のヒューマンスキル実践のポイントとなりそうなBUZZワードです。

目的、価値観:Purpose&values

最後は目的と価値観を、印象に残ったキーワードとして触れておきたいと思います。

テクノロジーが発達すればするほど単純な作業はロボットが行うようになるでしょう。人間に求められることは作業を覚えることではなく、仕事の目的を理解し、そこに自分としての付加価値をつけていくことだと思います。
また目的こそが人が働くモチベーションの源泉となります。今のこの仕事は自分にとって、会社にとって、お客様にとって、そして世の中にとってどんな価値をもたらし、どんな意義があるのかをしっかり意識して取り組むことが大事になってきます。そしてその仕事に取り組んでいる時に、何を大事に考え行動しているか、つまりVALUESをしっかり意識し、判断、行動をすることが自分自身の納得感を高め、チャレンジと成長をサポートしてくれるのではないかと思います。

以上今回のATD2018に参加して感じたことを、キーワードをもとに振り返り、ご紹介させていただきました。

この内容が皆様の今後の活動のご参考になれば幸いです。

来年度はワシントンDCで開催されます。ジャンゴこと田岡純一は来年も参加予定です。来年こそはとお考えの方は、今からしっかりバジェットを確保してご一緒しませんか?
皆様の参加を心からお待ちしております。

ジャンゴと行く ATD-ICE2019』はこちらをご覧ください。