1/25(水)恵比寿ソーシャル映画祭vol.7が開催されます。

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%b3%e4%b8%80%e6%8f%86

【「バレンタイン一揆」×上映後、フェアトレード・ラベル・ジャパン事務局長を招いて座談会を予定】

PFCのソーシャル事業担当の千葉達也です。ソーシャル事業では、グローバル・エンゲージメント研修の開発やGEI有志会の開催等、社会的課題をテーマにした取り組みを行っています。そして、さらにその一環として社会派ドキュメンタリー映画を上映し対話する取り組みを2016年4月より開始しました。

今回Vol.7「バレンタイン一揆」では、上映後にフェアトレード・ラベル・ジャパン事務局長の中島さんをゲストに招いて、素朴な質問からフェアトレードの最新事情までざっくばらんに話せる座談会を予定しています。
ぜひ映画を通じて「フェアトレードって何?なんで高いの?」と言うもやもやを一緒に解決しましょう!

■映画「バレンタイン一揆」のあらすじ
公式サイト:http://acejapan.org/campaign/15th/


********
“チョコレートの原料、カカオ豆を、どこで誰がつくっているのか、あなたは知っていますか?”日本の普通の女の子3人が、アフリカのガーナで出会ったのは、たくさんの子どもたちがカカオ農園で働かされ、学校に通うこともできない「児童労働」という現実でした。
バレンタインデーに、フェアトレードでつくられた、ほんとうに愛のあるチョコレートを、日本のみんなに選んでほしい。彼女たちは動き出しました。イベントの名は、「バレンタイン一揆」。果たして、彼女たちの想いはみんなに届くのか??これは、児童労働の問題と出会い、悩み、闘った、日本の女の子たちの物語です。
********

上映会後にはドリンクとおつまみを用意して語りBAR(懇親会)も予定しています。参加者がそれぞれ違う映画の感想を持たれるので、それを共有し、違いを知り深めることが出来るのが語りBAR(懇親会)の良いところだと毎回感じています。話足りない方はぜひ語りBAR(懇親会)にもぜひご参加ください。

■2017年1月25日(水)19:10開場 19:30開演
上映後トークセッション 21:10頃終了予定
※希望者は終了後に語りBAR(懇親会)あり(22:00頃終了予定)

■会場:
キャスレーコンサルティング㈱ セミナールーム
(恵比寿ガーデンプレイスタワー31階)
http://www.casleyconsulting.co.jp/company/access/

■参加費:(現地支払い)
映画鑑賞のみ:1,000円
語りBAR(懇親会)参加:500円(アルコール・ドリンク、つまみあり)

■定員:
30名

■お申込み:
https://goo.gl/forms/uVNm7bsiRZNdjhUW2
フォーム送信で1名のカウントとなりますので、複数名で参加いただく場合は、恐れ入りますが1名ずつ申し込みをお願いいたします。なお、申し込み後に参加できなくなった方は、必ず事務局へキャンセルをお申し出ください

■座談会ゲスト
————————–————————–————-
特定非営利活動法人 フェアトレード・ラベル・ジャパン
事務局長 中島 佳織
プロフィール:
大学卒業後、化学原料メーカー勤務を経て、国際協力NGOでアフリカ難民支援やフェアトレード事業に携わる。2001年~2002年、タイ・チェンマイ駐在。タイ北部山岳少数民族コーヒー生産者支援プロジェクトの立上げと運営に従事。2003年~2006年、ケニア・ナイロビにて日系自動車メーカーのマーケティングとロジスティックス部門に勤務。学生時代から途上国の貧困問題と向き合う中で、「寄付」や「援助」ではなく、貧困を生みだす歪んだ貿易構造から変えていこうとするフェアトレードに賛同し、2007年6月より現職。
共著『ソーシャル・プロダクト・マーケティング』(産業能率大学出版部、2014年)。
————————–————————–————-

※映画専用の機材・会場ではありませんので、一部見えにくかったり、ビル内の音が聞こえてきたりすることも想定されます。あらかじめ了承ください。
※託児所は設けておりません。未就学児のご参加はご遠慮ください。
※車椅子での来場を希望される方は、事前にご相談ください。

<協力>
銀座ソーシャル映画祭

【問い合わせ】
恵比寿ソーシャル映画祭 事務局(担当:千葉)
E-mail :chiba★peoplefocus.co.jp (★を@に変更してください)

★★恵比寿ソーシャル映画祭とは・・・★★
株式会社ピープルフォーカス・コンサルティングとキャスレーコンサルティング株式会社で共同開催している、恵比寿を拠点にした社会派映画の上映会です。
多くの人に社会課題と自分との接点を増やしてもらいたい、考えるきっかけを作ってもらいたいという銀座ソーシャル映画祭の考えを広げたいと考え、はじめた活動です。定期的に立ち止まって少し考えたくなる映画をお届けしていきます。