atd2018_glovalv

2018年6月15日ATDカンファレンス2018公開報告会が開催されます

ATDカンファレンス2018公開報告会
お申し込みはこちら

2018年5月にサンディエゴ(米国)で開催されたATDカンファレンスの公開報告会が、カンファレンスに参加してきたPFCスタッフにより東京にて開催されます。
組織開発、人材開発、リーダー育成等の最先端トピックを知るチャンス!ぜひご参加ください!

kenblanchard

Ken Blanchard氏

【日 時】2018年6月15日(金)16:00~18:00 ※開場15:30

【会 場】御茶ノ水NKビル(お茶の水トライエッジカンファレンス)11階
東京都千代田区神田駿河台4-2-5
地図こちら

【参加費】4,000円(税込)(資料代含む)
※当日受付にてお支払い下さい。

【お申込】こちらのフォームからお申込下さい。
※同業者の方はご遠慮頂いております。

 

今年も、PFCではラーニング・チームを組みATDカンファレンスに参加してきました。PFCでは、参加者の成果を最大化するために3つのステップを設けています。

  1. プレ・セッション(日本):参加者のチーム・ビルディングを行い、セッションの選び方や参加のコツを学ぶ
  2. カンファレンス期間(米国):参加者は自身の関心に合わせてセッションに参加し、夜には情報共有ミーティングの場で、対話を通じて学びを深める
  3. ポスト・セッション(日本):現地での情報や学びを再度共有しあう

ATD公開報告会は、上記を経て吟味された今年のATDカンファレンスのポイントをお伝えする場です。

公開報告会に先立って、参加したPFCスタッフによる速報をお伝えします。報告会ではさらに踏み込んだお話をしたいと考えております。

atd2018_keyspeaker『基調講演において、前アメリカ大統領のバラク・オバマ氏や、StrengthsFinderのマーカス・バッキンガム氏、経営コンサルタントのコニー・ポデスタ氏のメッセージには、下記の共通点が感じられました。

 

 

個人レベル:「親から受け継いできた価値観に根差した行動をすること」、「自らの強みを徹底して鍛え上げること」、「心から愛することに打ち込むこと」

組織(集団)レベル:「相手が自分と異なる人間だという認識に基づいて、相手をリスペクトして接すること」

また、300以上の様々な論客によるコンカレントセッションからは、脳科学やテクノロジーの進化や研究に基づいた発表がありました。今年のキートピックとしては、以下が挙げられます。

・Purpose
・Mindfulness, Well-being
・Re-skill, Micro-learning
・Psychological safety, Unconscious bias
・Learning Journey, Learning transfer
・Love

atd2018_glovalv3世界中から13,000人強の人材育成に携わる方々が集まった今年のATDは、内容もさることながら、サンディエゴという土地柄や、ネットワーキングの場づくりの工夫、オバマ前大統領の登壇により朝6時から長蛇の列ができたりと、変化に富んだ(?)非常にエキサイティングなものでした。』