5/8(月)恵比寿ソーシャル映画祭vol.8が開催されます。

%e3%82%b6%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%88「ザ・トゥルー・コスト」鑑賞×トークショー(ゲスト:認定NPO法人ACE田柳優子)

PFCのソーシャル事業担当の千葉達也です。ソーシャル事業では、グローバル・エンゲージメント研修の開発やGEI有志会の開催等、社会的課題をテーマにした取り組みを行っています。そして、さらにその一環として社会派ドキュメンタリー映画を上映し対話する取り組みを2016年4月より開始しました。

あなたの服の本当のコスト、知っていますか?
華やかなファッション業界の裏側 知られざる真実とは?
来ている服のタグを確認するとMADE IN ○○と色んな国で洋服が作られていることが確認できます。でも、作っているのがどんな人で、どんな生活をしていて、どんな想いで働いているか想像してみたことはありますか?
vol.8の映画「ザ・トゥルー・コスト」はそんな普段あまり考えない世界のことを考えさせてくれる作品です。

また、上映後には認定NPO法人ACEの田柳さんをゲストに招いたトークショーもしています。田柳さんはインド事業を担当されており、当日は映画の中に出てくるインドのコットン農家の実状なども説明していただける予定です。

■映画「ザ・トゥルー・コスト」のあらすじ
公式サイト:http://unitedpeople.jp/truecost/
********



この数十年、服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇してきた。本作は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」という問題を提起する、ファッション業界の闇に焦点を当てたこれまでになかったドキュメンタリー映画だ。

この映画は、きらびやかなランウェイから鬱々としたスラムまで、世界中で撮影されたもので、ステラ・マッカートニー、リヴィア・ファースなどファッション界でもっとも影響のある人々や、環境活動家として世界的に著名なヴァンダナ・シヴァへのインタビューが含まれている。またフェアトレードブランド「ピープル・ツリー」代表サフィア・ミニーの活動にも光を当てている。私たちは行き過ぎた物質主義の引き起こした問題に対して、まず身近な衣服から変革を起こせるのかもしれない。
********

■日時:2017年5月8日(月)
19:10 開場
19:30 開演
19:30 映画「ザ・トゥルー・コスト」上映
21:10 トークショー開始
21:50 終了予定

■会場:キャスレーコンサルティング㈱ セミナールーム
(恵比寿ガーデンプレイスタワー31階)
http://www.casleyconsulting.co.jp/company/access/

■参加費:1,000円(税込・当日会場にて現金でお支払いください)

■定員:30名

■お申込み:https://goo.gl/forms/iziY314vdRiQkbg93
フォーム送信で1名のカウントとなりますので、複数名で参加いただく場合は、恐れ入りますが1名ずつ申し込みをお願いいたします。なお、申し込み後に参加できなくなった方は、必ず事務局へキャンセルをお申し出ください

■トークショーゲスト
————————–————————–————-
特定非営利活動法人ACE(エース)
田柳 優子(たやなぎ ゆうこ)
子ども支援事業インド担当
プロフィール:
大学在学中にインドのストリートチルドレンを保護する現地NGOでのインターンシップを経験し、さらに子どもの現状を知りたいと考えACEのスタディツアーに参加。
卒業後は企業勤務を経て、2015年2月より現職。インド現地プロジェクトや企業、学校等で講演やワークショップ活動を行う。
————————–————————–————-

※映画専用の機材・会場ではありませんので、一部見えにくかったり、ビル内の音が聞こえてきたりすることも想定されます。あらかじめ了承ください。
※託児所は設けておりません。未就学児のご参加はご遠慮ください。
※車椅子での来場を希望される方は、事前にご相談ください。

<主催>
株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング
キャスレー・コンサルティング株式会社

<協力>
銀座ソーシャル映画祭

【問い合わせ】
恵比寿ソーシャル映画祭 事務局(担当:千葉)
E-mail :chiba★peoplefocus.co.jp (★を@に変更してください)

★★恵比寿ソーシャル映画祭とは・・・★★
株式会社ピープルフォーカス・コンサルティングとキャスレーコンサルティング株式会社で共同開催している、恵比寿を拠点にした社会派映画の上映会です。
多くの人に社会課題と自分との接点を増やしてもらいたい、考えるきっかけを作ってもらいたいという銀座ソーシャル映画祭の考えを広げたいと考え、はじめた活動です。定期的に立ち止まって少し考えたくなる映画をお届けしていきます。