11/21(月)恵比寿ソーシャル映画祭vol.5が開催されます。

mottainai【「世界食糧デー・ソーシャルアクション おにぎりアクション2016」連動企画・映画「もったいない!」上映】

PFCのソーシャル事業担当の千葉達也です。ソーシャル事業では、グローバルエンゲージメント研修の開発やGEI有志会の開催等、社会的課題をテーマにした取り組みを行っています。そして、さらにその一環として社会派ドキュメンタリー映画を上映し対話する取り組みを2016年4月より開始しました。

今回は参加することが社会貢献にもつながる取り組みになっています。皆様のご参加お待ちしております。

■映画「もったいない!」のあらすじ
公式サイト:http://mottainai-eiga.com/
********
世界中で食料廃棄の削減・再利用の社会運動を誘発する
驚愕のドキュメンタリー映画!

 信じがたい真実ですが、私たちが日々食べる食品はその3~5割が食卓に届く前に捨てられています。生産の現場で、流通の過程で、小売販売のシステムによって、そして家庭でも・・・
日本をはじめ世界各国で、食料が辿るあらゆる段階に関わる人々や専門家の話を聞きながら、その驚愕の現実と原因、影響を目撃し、私たちに何が出来るのかを探る旅が始まります。


********
当日は参加者の方にもアジア・アフリカの子供たちに給食10食分が寄付できるチャンスが!
皆様にお配りするOnigiri stand Gyu!が発売する寄付つきおにぎりと伊藤園「おーい お茶」を撮影して専用サイトにアップロードすることでアジア・アフリカの子供たちに給食10食分を寄付することができます。
※顔を出さず、手元の写真でも構いません。
またソーシャルアクションを主導している特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalから山口大貴さんをゲストにお迎えしトークショーも予定しております。

上映会後の懇親会ではドリンクと軽食も用意しております。参加者がそれぞれ違う映画の感想を持たれるので、それを共有し、違いを知り深めることが出来るのが懇親会の良いところだと毎回感じています。ご都合がつく方はぜひご参加ください。

 ■日時:
20161121()1910開場 1930開演
上映後座談会 21:20頃終了予定
懇親会 21:30~22:30頃終了予定

 ■会場:
キャスレーコンサルティング㈱ セミナールーム
(恵比寿ガーデンプレイスタワー31階)
http://www.casleyconsulting.co.jp/company/access/

■参加費:
映画鑑賞 :1,500円(1ドリンク付き)
懇親会参加:1,000円(アルコール・ドリンク、軽食有)

■定員:30

■お申込み:https://goo.gl/forms/lMMr7WHnD9Qwz4hw2
フォーム送信で1名のカウントとなりますので、複数名で参加いただく場合は、恐れ入りますが1名ずつ申し込みをお願いいたします。なお、申し込み後に参加できなくなった方は、必ず事務局へキャンセルをお申し出ください。

■トークショーゲスト:山口 大貴さん<プロフィール>
—————————————————————–
TABLE FOR TWO International 広報・PR担当

東京都出身。アメリカへの留学経験を活かし、兼ねてから関心のあった食料問題の解決に向け、日本発の社会貢献団体であるNPO法人TABLE FOR TWO International に参画。
世界70億人のうち、10億人が飢餓で苦しみ、20億人が肥満である”負のバランス”を改善するべく、国内での新規事業開発や広報・PR活動を担当。
特に、カロリーオフセットプログラムを通じて、食料問題解決ではあまり目の向けられないスポーツ分野での新規事業開拓を図る。
1011日より始まった「おにぎりアクション2016」にも参与。
—————————————————————–
※映画専用の機材・会場ではありませんので、一部見えにくかったり、ビル内の音が聞こえてきたりすることも想定されます。あらかじめ了承ください。
※託児所は設けておりません。未就学児のご参加はご遠慮ください。
※車椅子での来場を希望される方は、事前にご相談ください。

 <協力>銀座ソーシャル映画祭

 【問い合わせ】
恵比寿ソーシャル映画祭 事務局(担当:前田)
E-mail daichi.maedacasleyconsulting.co.jp (★を@に変更してください)

★★恵比寿ソーシャル映画祭とは・・・★★
株式会社ピープルフォーカス・コンサルティングとキャスレーコンサルティング株式会社で共同開催している、恵比寿を拠点にした社会派映画の上映会です。

多くの人に社会課題と自分との接点を増やしてもらいたい、考えるきっかけを作ってもらいたいという銀座ソーシャル映画祭の考えを広げたいと考え、はじめた活動です。定期的に立ち止まって少し考えたくなる映画をお届けしていきます。