第42回資本主義の教養学講演会:すべてが資本主義になる。そして測れない資本主義へ(オンライン開催)

全講座の案内を見る>>

お申込みは締め切りました

<講演会の概要>

実施方法:本イベントはZoomのアプリを使用してオンラインで実施します。お申込みを頂いた方に参加方法をご案内致します。

定 員:300名

日 時:2022年6月29日(水)19:00-21:00

演 題:「 すべてが資本主義になる。そして測れない資本主義へ」

講 師: 成田 悠輔 (アメリカでイェール大学助教授、半熟仮想株式会社代表)

夜はアメリカでイェール大学助教授、昼は日本で半熟仮想株式会社代表。専門は、データ・アルゴリズム・数学・ポエムを使ったビジネスと公共政策の想像とデザイン。ウェブビジネスから教育・医療政策まで幅広い社会課題解決に取り組み、多くの企業や自治体と共同研究・事業を行う。多様な表現スタイルを求めて、報道・討論・情報・お笑いなど様々なテレビ・YouTube番組の企画や出演にも関わる。東京大学卒業(最優等卒業論文に与えられる大内兵衛賞受賞)、マサチューセッツ工科大学(MIT)にてPh.D.取得。一橋大学客員准教授、スタンフォード大学客員助教授、東京大学招聘研究員、独立行政法人経済産業研究所客員研究員などを兼歴任。内閣総理大臣賞・オープンイノベーション大賞・MITテクノロジーレビューInnovators
under 35・KDDI Foundation Award貢献賞など受賞。

【講演概要】
すべてがデータになる。そしてすべてが金融商品になり、経済契約になり、資本主義になる。なぜそう思うのか、流行りのDXとNFTを皮切りに説得してみたい。すべてが資本主義になった世界—「お金では買えないものがある」「心はお金じゃない」と自分たちを慰めてきた私たち古い人類は、しかし、そんな世界で生き延びることができるだろうか?そんなところまで考えてみたい。

主催)公益財団法人 生存科学研究所
共催)株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社