CATEGORY 安田太郎

評価制度の「運用」が重要な理由~PFC Chinaから

こんにちは、PFC Chinaの安田太郎です。 現地の中国人社員からよく聞かれる声にこんなものがあります。 「評価の基準が不明確」 「部門間で評価の甘辛がある」 「結局、上司をうまく取り込んだ人が評価されている」 いま…

駐在員フォローアッププログラム(中国)

東京のPFCでは、赴任前の社員の皆さんを対象とした「海外赴任前研修」を定期的に実施していますが、今回ご紹介するのは、中国に赴任した日本人社員のみなさんを対象とした「駐在員フォローアッププログラム」です。 日本本社とローカ…

【安田太郎】「あきらめずドアを蹴破れ!」

—安田さんがはじめて海外で仕事をしたのは? 中国です。以前にヤオハンに勤めていたのですが、中国で働く日本人の同僚達が、ものすごく楽しそうだった。日本では見せないような顔をして、生き生きと仕事をしているのを見て、自分もいつ…

ピープルフォーカスの中国流「チーム」の作り方

さて今回は、みなさんが毎日参加されている会議という「チーム」活動について考えてみたいと思います。 決まらない会議 仕事柄、よく顧客先の会議に参加します。中国の会議の特徴として、言いたいことを率直に話すので、議論は盛り上が…

中国企業の「チーム」の作り方

前回に引き続き、いかにグループをチームにするかを考えてみたいと思います。 先日、中国企業の方々とお話をしていて、中国のチーム作りには、共通するものがあると感じました。それは、「明確な人事理念(人についての考え方)に基づい…

中国の人とチームになれるか?

中国の人とチームになれるか? 中国人の友人と話をしていた時、彼の言葉に、「え、そうだったの?!」と、とても驚いたことがあります。運動会のお話です。中国ではクラス対抗で運動会が行われます。参加できるのは、それぞれの競技で勝…

【安田太郎】中国人とチームになる20の方法:その2

ルールを守りたがる日本人、ルールを破りたがる中国人 <ケース> 日夜、生産現場で中国人スタッフと一緒に汗を流して仕事をしている日本人駐在員のBさんです。先日、こんなことがあったそうです。 中国人スタッフに「休憩時間、10…

【安田太郎】中国人とチームになる20の方法:その1

「日中が協業する上での課題は、お互いの必要性を頭では理解しつつも、心でなかなか分かり合えないことだ」 ある中国人経営者と、日中の協業について話し合った時の私の実感です。 日本語、中国語という言語の壁もさることながら、文化…