CATEGORY 田村洋一

【田村洋一】ちっぽけな知識や経験を棚上げする

企業でクライアント相手にコーチングを始めた17年前、自分はまだ30代半ばの若造でした。クライアントは歳上の経営者であることも多く、自分よりも経験豊かな彼らに教示して指導するなどとは考えられませんでした。自ずと問いかけして…

【田村洋一】己の無知にアクセスすることから始まる

この十数年はエグゼクティブコーチングの依頼が相次いでいて、非常に多くの企業経営者や関係する社員・従業員の皆さんの話を聞いています。 複雑な経営環境で高度な意思決定に携わる経営者には、高い能力を求められるばかりでなく、人間…

【田村洋一】エグゼクティブコーチングの現場から〜「人にはそれぞれ役割があるということ」

エグゼクティブコーチングの依頼があるケースは実に多様です。 さまざまな経営者、さまざまなリーダー、さまざまなビジネスマン、ビジネスウーマンがいます。皆それぞれ有能な人物ばかりですが、ときどき並外れて有能な人に出会うことが…

【田村洋一】強いリーダーに求められる「弱さ」とは?~エグゼクティブコーチングの現場から

いわゆる「強いリーダー」は、ほとんど例外なく自分本位です。周囲に気を遣って右顧左眄するようでは強い指導力を発揮できません。決して空気に流されず、何があろうと自分自身の意思を曲げない。「鈍感力」とでも呼ぶべき一種の鈍さが特…

【田村洋一】豊かな創造のために現実を見る

ビジョンを持つことは大切です。 私たちは何かをしようとするときに必ず何らかのビジョンを持ちます。行きたいところがあれば自然と思い浮かべます。やりたいことがあればやっていることを想像し、作りたい物があれば出来上がった姿を思…

【田村洋一】会議嫌いからの転身

私は会議やミーティングが嫌いでした。 会議でクリエイティブな発想が生まれることなどほとんどありません。ミーティングは連絡事項や情報共有のために必要最低限の時間で運営しようとしていました。 議論や対話が建設的な意見交換や合…

【田村洋一】一人前のファシリテーターになるには

「一人前のファシリテーターになるにはどのくらい経験を積む必要がありますか?」 今から10年前に日本の大手製造業企業でファシリテーター養成のためのコーチングをしていた頃に聞かれた質問です。 私の答えは今も昔も同じです。 た…

【田村洋一】参照ポイントを増やすということ

先月の座禅断食会への参加からは様々な気づきや成果が生まれたのですが、その筆頭は、 「新たな参照ポイントの創出」 だったといえます。 今までは、「お腹が空いたら何か食べる」というのがあまりにも当たり前だったのです。また、お…

【田村洋一】多様性を尊重するということ

私は約束を守る人が好きです。私の友人たちには、小さな約束まできちんと覚えていて律儀に守ってくれる人がたくさんいます。私も負けじと約束を守るようにしています。 約束を守れない時もあります。そういう時は謝罪して埋め合わせをし…