カテゴリー別アーカイブ: Japan

第29回資本主義の教養学講演会

全講座の案内を見る>>
お申込みはこちら

<第29回公開講演会の概要>

日 時:2019年5月31日(金)19:00-21:00(開場18:40)
会 場:御茶ノ水トライエッジカンファレンス
※通常と異なる会場ですので、ご注意ください。
東京都千代田区神田駿河台4-2-5
御茶ノ水NKビル(トライエッジ御茶ノ水)11階
Tel: 03-5289-0177
アクセス:
JR総武線・中央線:御茶ノ水駅 徒歩3分
東京メトロ千代田線:新御茶ノ水駅 徒歩2分
東京丸の内線:御茶ノ水駅 徒歩5分
都営新宿線:小川町 徒歩5分
地図はこちら

演 題: ビジネスにおけるアートとサイエンスのリバランス
続きを読む

zm250

アフリカに初めて挑む日本人現役Jリーガーの挑戦

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】第81回:アフリカに初めて挑む日本人現役Jリーガーの挑戦~元横浜F.マリノスの中町公佑選手が、数十分の一の給与でザンビアのプロリーグに移籍し、同時にNPO法人を立ち上げた~

Jリーグの横浜F・マリノスを退団し、アフリカのクラブへの移籍を目指していた中町公佑選手の移籍先が、先月、ザンビアの1部のゼスコユナイテッドFCに決まったというニュースを耳にした。

早速自身のSNSで、同クラブのエンブレムとともに

「ザンビアプレミアリーグ『ZESCOUnitedF.C』と2019シーズンより新たに契約を締結しました。移籍に際してゼスコの関係者のみならず沢山の方のご尽力がありながら無事契約の運びとなりました」

と報告していた。 続きを読む

【ジャンゴのちょっといい話:田岡純一】「良かったリーダー、困ったリーダー。困ったリーダーにならないために気をつけるべき隠れたポイントとは?!」

私はリーダーシップの研修において受講生に自分たちの経験からリーダー像について
整理してみましょうといって下記のテーマでよくディスカッションをしていただきます。

“良かったリーダー VS 困ったリーダー”
この人よかったなぁ~って方はどんな場面でどんな行動をとってくれたのでしょうか?
また困ったなぁ~って方は同じくどんな場面でどんな行動をとっていたのでしょうか?
以上の具体例を挙げてもらいそれぞれの特徴を整理してもらっています。

参考までによくある事例を紹介します。 続きを読む

20190201

サッカーは、8割が頭の中で行われている

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】第80回:サッカーは、8割が頭の中で行われている ~サッカーコーチを指導するコーチによる、サッカーのプロセスのコンサルティング~

いま、4年に一度のサッカーのアジアカップが行われていて、日本代表は開催国UAEの地で戦っている。ついこの間、4年に一度のW杯が行われたばかりではないか、などと言うことなかれ。サッカーファンは、また、わくわくドキドキの幸せな日々を送っている。そして、日本は無事に決勝まで駒を進め、明日(今日は2019年1月31日)の夜、カタールを相手にアジアの頂上決戦を行う。
今回の日本代表は、半年前のW杯で主役だった本田選手や長谷部選手は引退し、香川選手や岡崎選手などは選ばれておらず、世代交代を進めている途中段階にあるチームだ。しかし、どの試合でも見る者に一体感を感じさせるチームとしての強さは随一だし、大会を通じて選手達各人の成長にも目を見張るものがあり、実に見どころがある。 続きを読む

a137894d9b6e43f658b7975d23b935f3_s

働き方改革を研修で後押し!

PFCでは、人事の方と密なタッグを組みながら、働き方改革支援として、ワークショップや、様々な研修をご提供しています。支援の方法はクライアントの現状に応じて様々ですが、ここでは、その一部としていくつかの研修を事例と共にご紹介いたします。

ファシリテーション研修で働き方改革

労働時間の削減や生産性向上で特に効果が高いのは会議効率化策です。PFCではファシリテーション研修を20年近く提供していますが、その中には会議時間の削減を目的とした研修の依頼も多くあります。 続きを読む

sdgsimage

カンボジアにおけるソフトスキル事業がJICA中小企業海外展開支援事業に採択されました

(株)ピープルフォーカス・コンサルティング(PFC)がカンボジアで展開を予定する「ソフトスキル事業」が、2018年度JICA中小企業海外展開支援事業(注1)に採択されました。

JICAの支援の対象となったのは、PFCが行う「ソフトスキル研修プログラム及びトレーナー養成による産業人材育成に関する基礎調査」(注2)です。カンボジアでは、産業人材の不足が経済成長のボトルネックとなっているといわれています。そこで、本調査では、問題解決力、コミュニケーション力、チームワークといったソフトスキルを労働者層が習得することの有用性や事業可能性を検証します。具体的には現地NGO等の協力も得て、現地企業へのヒアリングや、現地トレーナーによるPFCが独自に開発した研修プログラムの実施および効果検証を半年間にわたって行っていきます。 続きを読む

ipadfthg1266_tp_v

クライアントレポートのサマリーをお届けします

PFCは、組織開発のリーディングカンパニーとして、クライアント企業の組織を誘うべき方向性について日々考察しています。そして、未来を見据えた社会情勢やマーケットフォースを鑑み、次の4つの方向性を見出しています。

・より多様に
・よりグローバルに
・よりエンパワーされ
・より社会的に

では、クライアント企業の方々は、組織の現状をどのように捉え、どこを目指そうとしているのでしょうか?
これを確認すべく、2018年の後半に、各業界のリーディング企業の人事部門トップの方々と、対話セッションを行わせていただきました。以下に、そのセッションのレポートの一部をご報告いたします。

続きを読む

第28回資本主義の教養学講演会

全講座の案内を見る>>
お申込みはこちら

<第28回公開講演会の概要>

日 時:2019年2月15日(金)19:00-21:00(開場18:40)

会 場:東京大学 本郷キャンパス/東洋文化研究所 3F大会議室
地図はこちら

演 題: 宇沢弘文の思想~資本主義に代わる社会システム
続きを読む

20190107

2019年 年頭のご挨拶(代表取締役 松村卓朗)

matsu_seminar新年あけましておめでとうございます。
旧年中は、皆さま方に大変お世話になり、ありがとうございました。
本年も、昨年に引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、この場を借りて昨年のピープルフォーカス・コンサルティングの活動を簡単に振り返り、そして今年の抱負を述べたいと思います。
ところで、「抱負」という言葉は英語では“resolution”となります。現在経営の重要なキーワードになったと言ってもよいSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)も、英語では“resolution”という位置づけなので、まさに2030年に向けた「抱負」です。 続きを読む

20170107_soccer

“凡事徹底” “働き方改革”の大津高校 平岡監督

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】第79回:“凡事徹底”“働き方改革”の大津高校 平岡監督~大晦日に高校サッカーを見に行ったが、対戦相手の大津高校 平岡監督の指導法に目を奪われた~

昨年の大晦日、横浜の三ツ沢競技場まで高校サッカーの全国大会を見に出かけた。
人に話すと、「よくそんな暮れの慌ただしい日にサッカーなど見に行くなんて」と呆れられたが、よほどのことがない限り、私も大晦日に高校サッカーなど見に行かない。大晦日に見に出かけたのは、実に20年ぶりだ。20年前にも同じ横浜の三ツ沢競技場に行ったことを覚えているが、そのとき見たかった選手は、岩手・大船渡高校の小笠原満男選手だ。昨年末に鹿島アントラーズを引退したが、鹿島20冠のうち17冠に関わった、他に比類なきレジェンドだ。 続きを読む