カテゴリー別アーカイブ: China

駐在員フォローアッププログラム(中国)

china東京のPFCでは、赴任前の社員の皆さんを対象とした「海外赴任前研修」を定期的に実施していますが、今回ご紹介するのは、中国に赴任した日本人社員のみなさんを対象とした「駐在員フォローアッププログラム」です。

日本本社とローカル社員の間で板挟みになり、大きなストレスを抱えながらも日夜成果を上げるために戦っている日本人駐在員。そんな駐在員への本社からのサポートは、赴任前のみならず、赴任中も非常に重要な位置づけになっています。 続きを読む

321a955bc6f034959f12beba3425b50e_s

組織の「実践力」をあげるためのワークショップ(PFC China)

上海に本社を置くPFC CHINAでは、組織の「実践力」をあげるための支援をしています。

先日、日系大手メーカーA社の営業マンを対象に、「問題解決の思考力強化プログラム」を提供。

既に営業マンが強みとして持っている行動のスピードを活かしながらも、より深くより広く考え、本質的な課題を見出し、課題に取り組むための支援しました。

オリジナルで作成した様々な演習を通じて、自分の思考の浅さ、狭さに気づき、今後に向けて必要な思考力強化の内容、具体的な方法について学びを深めていただきました。

e783c0b227dc49dc85942fbd25baae04_s

画像はイメージ

さらに、新評価制度を導入した日系大手メーカーB社に対しては、具体的な目標シートを使って、自分自身の目標、部下の目標をその場で書いていただき、目標としての妥当性(組織戦略との連動性、能力向上のためのチャレンジ性)について、講師や互いのアドバイスを行いました。

このワークショップを通じて、新制度の効果的な運用の支援を行いました。

私たちは、クライアント組織の「実践力」を上げるため、その組織が持つ強み、特徴を活かしながら支援することを大切にしています。どうぞお気軽にpfc@peoplefocus.co.jpまでお問い合わせください!

中国での異文化体験を通じた学び@TELL in 上海(PFC China 安田太郎)

みなさんはTELLをご存知でしょうか?中国版TEDといわれるイベントで、Think, Enjoy, Link, Liveの頭文字をとって名づけられています。
中国の社会で生きる上で欠かせない「変化と選択」の大切さを伝えることを目的にしたこのイベントに、初の外国人としてPFC Chinaの総経理 安田太郎が登壇し、中国語でプレゼンテーションを行いました。 続きを読む

中国拠点での現地化の成功には本社の意識改革が欠かせない(安田太郎)

yasudat皆さんの会社では、海外拠点の現地化は順調に進んでいるでしょうか?

ある日本企業の中国拠点での話です。中国人をトップに任命したところ、数か月で退職してしまったということがありました。
「私はこの会社のトップを目指し日々努力をし、ようやくトップになることができた。とても感謝している。でも前任の日本人トップのような仕事が私にはできないことがよくわかった。それは、日本本社とのコミュニケーションだ。何をどうやって進めればよいのか、複雑怪奇すぎて全くわからない」
というのが退職された方のコメントだったそうです。 続きを読む

「日本と中国をチームにする」中国ビジネスの真価とは

「日本と中国をチームにする」中国ビジネスの真価とは

yasuda組織開発・人材開発を手がけるピープルフォーカス・コンサルティング(上海)は、個別のニーズに対応した研修に加え、中国系企業幹部の日本へのインバウンド研修などユニークな取り組みで成果を上げている。さらに今年からは中国の教育格差解消を目指した、CSV(Creating Shared Value)事業にも乗り出した。CSVとは、「本業を通じて社会課題の解決に取り組むこと」。同社事業は、新たなステージを切り開きつつあるといえる。「日本と中国をチームにする」をビジョンに掲げる安田太郎董事・総経理に聞いた。 続きを読む

アセスメントセンターで海外拠点の現地人材を育成(安田太郎)

dsc_0270_%e5%ae%89%e7%94%b0今月のコンサルタント・インタビューは、PFC China代表のコンサルタント、安田太郎

最近中国で取り組んだアセスメント・センターの事例をお届けします。

アセスメント・センター(评估中心)とは、ご存知のように、専門の評価者(アセッサー)を使って、個々の人材の評価を集中的に行う手法です。企業が社内で実施する場合と、社外の専門のアセスメント・センターに対象者を送り込む場合があります。 管理職層の昇進昇格時、あるいは、中途採用における審査の一貫として用いられることが一般的です。 続きを読む

ファシリテーション研修公開講座 in 台北

チームの力を引き出す
ファシリテーション研修公開講座 in 台北

1日の半分が会議に費やされている?

中間管理職は1日の勤務時間の35%を、上級管理職は50%を社内外での会議に費やしていると言われる中、「ファシリテーション・スキル」が必須コンピテンシーの一つとして注目されています。社内外のクライアントとの会議等で高い成果をあげるため、そしてチームや組織の力を最大化するために、ファシリテーション・スキルを身につけませんか?
本講座は、通常2日間で実施するPFCのファシリテーション研修のエッセンスを1日に凝縮し、現地のマネージャーやチームのリーダー、営業担当の皆さんを対象に、中国語で実施します。

【日 時】2016年7月5日(火) 9:30〜17:30
【会 場】110台北市信義區忠孝東路5段68號29樓
台北雷格斯置地中心
地図はこちら
【お申込み】こちらのフォームまたは、Eメール(pfc@peoplefocus.co.jp)にて承ります。
※中国語で実施しますが、中国語に堪能な方なら国籍を問いません。 続きを読む

ハイディラオに学ぶ中国ならではのチーム作り、ひとづくり(安田太郎)

火鍋チェーンを展開する海底撈(ハイディラオ)が制作した「手紙」という感動的な動画をご存知でしょうか?。
http://www.tudou.com/programs/view/JkCsxn2_kvI/

私がハイディラオに注目してきたのは、火鍋の味やサービスレベルの高さもさることながら、その「双手改变命运(自ら運命を切り拓け)」をはじめとする理念に基づく経営をしていることです。
教育や仕事のチャンスに恵まれない農村出身者を雇用し(社員の90%以上が農村戸籍)「自分の人生を自分の力で切り拓いていく」ことを徹底的に応援しているのです。 続きを読む

「職場環境」の定義がミスコミュニケーションを生んだ

「中国語は見たらなんとなく意味がわかる」
「中国語は筆談すればどうにか通ずる」
そう思っている人は少なくないでしょう。

しかし、これは大きな落とし穴です。
近い言語であっても、外国語であることに違いはなく、思わぬミスコミュニケーションを招くことがあります。
続きを読む