カテゴリー別アーカイブ: PFCからのお知らせ

海外赴任前研修公開講座のご案内

2018年2月9日(金)、3月15日(木)、7月13日(金)9月14日(金)、11月13日(火)
※半日 13:00〜18:00(開場12:30)

赴任先で効果的にリーダーシップを発揮するには?

海外赴任を成功させるものは語学力でしょうか?現地事情に関する知識や経験でしょうか?
PFCでは、海外赴任をスムーズにスタートし、赴任先で高い成果を上げられるかどうかは「海外赴任の意味を見出し、異文化に対応できるスキルとマインドを持てるか」にかかっていると考えます。

現地のスタッフと信頼関係を構築し、異国で高い成果を上げる為には、
●異文化に対する理解を深め、異文化の壁を越える為のコミュニケーションスキルを身につけること
●赴任先でのゴール設定をきっちりと行うこと
などが欠かせません。

本講座では、海外赴任を成功させるためのヒントを、海外経験の豊富な講師よりお伝えいたします。

 

海外赴任前研修公開講座の特徴

  1. 現地スタッフと協業しながら高いパフォーマンスを上げるために不可欠な、異文化対応スキルとマインドセットを、グローバル人材育成のリーディングカンパニーであるアペリアングローバル社が開発したアセスメントツール『GlobeSmart Profile』やケーススタディを通じて体系的に学び、赴任に適したスキルを身につけることができます。
  2. 海外赴任の成功例・失敗例のケーススタディを使用して、海外赴任時に想定される課題の解決に必要なスキルや、現地スタッフと効果的に協働するための考え方を、身につけることができます。
  3. 少人数制で行い、各参加者の赴任先に応じた事例をお伝えするようにしております。

※[オプション・プラン]赴任後のサポートもいたします。現地の部下とのコミュニケーション、戦略の遂行、ご自身の アクションプラン実行に伴う課題や悩みに対して、電話でのコーチングをご提供いたします。
※[その他]スケジュールが合わない方、急遽赴任が決まった場合などは、個別セッションのご提供も可能です。

続きを読む

ATD2018カンファレンスのラーニングチームに参加しませんか?申込受付中!

!!申込受付中!!
ATD2018カンファレンスのご案内です。
私たちと一緒に、カンファレンスに参加しませんか?

%e5%9b%b31

ジャンゴと行くATD2018のご案内

【日 時】ジャンゴと行くATD2018:2018年5月5日(土)~ 5月10日(木)
(ATDカンファレンス:2018年5月6日(日)~9日(水))

【開催地】米国カリフォルニア州サンディエゴ

【宿泊先】コートヤード バイ マリオット サンディエゴ ダウンタウン(COURTYARD BY MARRIOTT SAN DIEGO DOWNTOWN)

詳細(PDF)のダウンロードは こちら

%e3%82%aa%e3%83%90%e3%83%9e

2018年:基調講演者 オバマ氏

ATDを通じて組織開発・人材開発を学ぶ取り組み「ジャンゴと行くATD」を2018年も実施いたします。
PFCのATDラーニング・チームの一員として、一緒にATDに参加されませんか?

ATD(Association for Talent Development)は、人材開発や組織開発の分野に従事する人のための世界最大の会員組織で、毎年開催されるカンファレンスでは、世界各国から1万人近い参加者が集います。4日間に渡るカンファレンスでは、基調講演の他、400近いセッションがあり、まさに世界中の人材開発・組織開発の英知が結集される場です。 続きを読む

クライアント企業のCSV経営戦略立案の支援

2017年10月に発行されたPFCのサステナビリティ報告書からの抜粋記事です。
サステナビリティ報告書(2016-2017年度版)のダウンロードはこちら(PDFが開きます)

%e5%9b%b31

クリックするとPDFが開きます

PFCは、組織開発のパートナーとして、クライアント企業の経営陣が集まり将来の方向性や中期戦略を話し合う場のファシリテーションを行なっています。そういった対話において、従来は、競合との差別化や、顧客ニーズへの対応といったことばかりに焦点が行きがちでした。

そこで、PFCでは、そのような検討だけでなく、その企業の社会における存在意義をとことん追求し、グローバルイシューを事業機会と捉える戦略の立案を支援する、ということを始めました。企業の持 続的成長のためには、社会が持続可能であることが必要であると同時に、その企業が将来に渡って社会から必要とされる存在でなくてはならないからです。変わりゆく社会情勢の中で、自社はどうあるべきかを見出すために、実際に経営陣の戦略立案を支援した事例の概要を以下にご紹介します。 続きを読む

経済価値と社会価値の両立を実現するCSVリーダー育成の支援

2017年10月に発行されたPFCのサステナビリティ報告書からの抜粋記事です。
サステナビリティ報告書(2016-2017年度版)のダウンロードはこちら(PDFが開きます)

%e5%9b%b31

クリックするとPDFが開きます

■ 社会課題を解決するリーダーとは
CSVは、2011年にマイケル・ポーター氏が提唱した概念で、「経済価値を創造しながら、社会的ニーズに対応することで社会的価値も創造する」というものです。経済が成 熟化していく今後の世界では、CSV という概念を実践できるリーダーの育成が企業にとって重要な課題 になるとPFCは考え、CSVに求められるコンピテンシーを下図のように定義しました。
%e5%9b%b32  続きを読む

PFC自身によるCSVビジネスの創出

2017年10月に発行されたPFCのサステナビリティ報告書からの抜粋記事です。
サステナビリティ報告書(2016-2017年度版)のダウンロードはこちら(PDFが開きます)

%e5%9b%b31

クリックするとPDFが開きます

■ 自分の道を切り開くライフスキル※教育
「かものはしプロジェクト」 は、インドで児童の人 身売買を撲滅する活動を行なうかたわら、カンボ ジアでは、 農村でコミュニティファクトリー(CF)を立ち上げ、 教育を十分に受けられなかった若い女性を雇用し、 ライフスキルの研修を行なったり、 仕事を通じてライフスキルを高めることにより、 彼女たちの自立を促進する事業を行なうNGOです。 続きを読む

社外監査役から見たPFC(細田 和典)

2017年10月に発行されたPFCのサステナビリティ報告書からの抜粋記事です。
サステナビリティ報告書(2016-2017年度版)のダウンロードはこちら(PDFが開きます)

hosoda 2012年4月以来監査役としてPFCに関わる中で、私が強く感じているのはこの会社は「理想」を純粋に追 求することから組み立てられており、その「理想」と「数字」、「人材」のバランスが非常にうまくとれた会社であるということです。

まず「理想」です。「世界平和の実現」という高い理想をミッションに掲げ、それをビジョン・経営方針や会 社の活動に実際に直結させています。事業・サービス領域において、途上国関連のプログラムを開発・実践したり、CSR領域の事業開発を進めており、事業・サービスの中身に「理想」の実現を反映させているこ とが特徴的です。売上の1%を寄付もしくはプロボノを行なうといった取り組みも設立以来継続されてい ます。 続きを読む

サステナビリティレポート(2016-2017年度版)を発行しました

%e5%9b%b31

クリックするとPDFが開きます

本レポートは、株式会社ピープルフォーカス・コンサルティングが社会の一員として果たすべき責任に関する考え方や活動内容を紹介するものです。ミッションに掲げている世界平和の実現に向けて、どのような課題と向きあい、どのような取り組みを進めているのか、CSR経営方針に基づいてまとめました。 続きを読む

PFCのミッションと思い(松村卓朗)

matsu_seminar2017年10月に発行されたPFCのサステナビリティ報告書(2016-2017年度版)に記載の、代表取締役松村卓朗のメッセージです。
サステナビリティ報告書(2016-2017年度版)のダウンロードはこちら

私たちは、「世界平和の実現」に貢献することをミッションに掲げています。地球規模の視座に立ち、平 和を阻む要素となっている様々な問題を視野に入れて考え抜き、具体的な行動を起こして少しずつでもこ のミッションに近付いていく、という強い思いを抱いています。 続きを読む

黒田由貴子がWCD財団主催の国際会議にパネリストとして登壇

img_0401WCD (Women Corporate Directors)財団とは、上場企業で取締役を務める女性を会員として世界80か所で活動する団体です。そのアジア地域の会合が、「New Ways to Build Business and Governance」をテーマに2017年9月27-28日に香港で開催されました。
初の女性香港政府トップである林鄭月娥行政長官による基調講演のあと、最初のパネルにピープルフォーカス・コンサルティング取締役/ファウンダーの黒田由貴子が登壇しました。 続きを読む