カテゴリー別アーカイブ: 未分類

「ものづくりを通じたひとづくり~世界の人々がライフスキルを身につけるまで」

今日の経営では、社会の持続的成長のために企業が事業を通じてどう貢献するかが問われています。PFCのプログラムでも、高い視座と広い視野を持ち、経済価値と社会価値を両立させるビジネスモデルを構築できる次世代リーダーの育成に力を入れています。

クライアントに唱えるだけでなく、自分たちも実践しようというのがPFCです。そこで、私たちは、世界の格差問題に目を向け、貧困層の就職や定着、活躍を促進すべく「ライフスキル研修」の開発と実施に取り組んでいます。これは、国連が定めたSDGsの中では、目標4(包摂的に質が高い生涯学習の機会を提供)と目標8(働き甲斐のある人間らしい仕事)の達成に貢献するものと考えています。

sdg_icon_08_ja-290x290sdg_icon_04_ja-290x290

ライフスキルとは、「日常の様々な問題や要求に対し、より建設的かつ効果的に対処するために必要な能力」のことであり、具体的には次の10を世界保健機関(WHO)はライフスキルの重要項目として挙げています。
1) 意思決定能力
2) 問題解決能力
3) 創造的思考
4) 批判的思考
5) 効果的なコミュニケーション能力
6) 対人関係の構築と維持能力
7) 自己認識
8) 共感する能力
9) 感情を制御する能力
10) 緊張とストレスに対処する能力

先進国では、こうしたライフスキルは学校や家庭を通じて習得していきますが、学校に行くこともままならない途上国の貧困層はそうはいきません。故に、雇用されても、「遅刻する」「すぐに諦める・辞めてしまう」「報告や連絡がない」「問題を解決しようという気がない」といった問題が生じています。途上国に工場を構える日系企業からも「社会人としての基本的なことができない」と嘆く声が聞こえてきます。

そこで、PFCは途上国の貧困層のワーカー向けにライフスキルプログラムを開発しました。開発にあたっては、カンボジアでライフスキル教育をしながらコミュニティファクトリーを運営するNPO法人SUSUとコラボレーションし、現地でヒアリングやパイロットランをしながら作り上げました。

また、研修を安価に提供する仕組みとして、トレーニング経験が少ない方でもトレーナーが務まるような動画教材を主とした仕立てになっています。

PFC、シブサワ&カンパニー、多摩大学大学院の3者で運営するグローバル・エンゲージメント・イニシアチブの次回有志会では、NPO法人SUSUの共同代表である青木健太氏をゲストに迎えます。ライフスキル教育とはどのようなものか、どんな研修効果が出ているのかといった、人材育成の原点ともいえるようなお話を聞くことができます。

当日は、カンボジアからもライブでつなぎ、現地の方とも対話する予定です。人材育成に関わる皆様にはぜひ参加してほしい内容です。

詳細とお申込みはこちら
「ものづくりを通じたひとづくり~世界の人々がライフスキルを身につけるまで」

ライフスキルは非認知能力である。認知能力が学力テストで測れるものである一方、非認知能力はテストで測れないような能力と定義される。非認知能力形成は家庭環境が大きいとされていたが、ノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・ヘックマン教授は、10代を超えても伸ばせるスキルであると主張する。また、スウェーデンのエリック・リンキスト氏らの研究によると、非認知能力の賃金への影響は認知スキルの賃金への影響の2.5倍から4倍に及ぶ。(出所:『性格スキルー人生を決める5つの能力』鶴光太郎、祥伝社)

NPO法人SUSUの共同代表の青木健太氏は、技術革新の激しい今日において、途上国のワーカー(非熟練労働者)がライフスキル(非認知能力)を高めることは、専門的スキルを高めるよりも重要であるという。たとえば、縫製工場でミシンの使い方をワーカーが習得したとしても、技術革新により違うタイプのミシンが出てくるかもしれない。すると、「ミシンの使い方」という専門的スキル(認知能力)はとたんに役に立たなくなる。一方、新しいことを覚えようとする力、問題に直面したときに打開する力、目標達成のために頑張る力といったライフスキル(非認知能力)を有していれば、変化に対応していくことができるというわけである。

 

 

%e4%b8%89%e8%a7%92%e9%8c%90

続・グローバル基準でリーダーシップを診断するサヴィル・アセスメント(山田奈緒子)

サヴィル・アセスメントをご紹介した先々月の記事に対して、「もっと知りたい」というお問い合わせやご質問、パイロット実施のご相談などを数多くいただきました。グローバル・スタンダードで信頼性の高いアセスメントを実現するツールとして、サヴィル・アセスメントへの関心が高いことを実感しました。 続きを読む

4/18(水)恵比寿ソーシャル映画祭 vol.17「365日のシンプルライフ」が開催されます。

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e6%98%a0%e7%94%bbPFCのソーシャル事業担当の千葉達也です。ソーシャル事業では、グローバル・エンゲージメント研修の開発やGEI有志会の開催等、社会的課題をテーマにした取り組みを行っています。そして、さらにその一環として社会派ドキュメンタリー映画を上映し対話する恵比寿ソーシャル映画祭を2016年4月より開始しました。

2018年初回のvol.17では、映画「365日のシンプルライフ」を上映します。
続きを読む

平昌五輪で理解できた、冬季スポーツとサッカーとの違い

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】第70回:平昌五輪で理解できた、冬季スポーツとサッカーとの違い ~スピードスケート小平奈緒選手の“自分を見つめ直す”作業:「永遠に生きると思って学べ。明日死ぬと思って生きろ」~

matsu_seminar平昌での冬季五輪が終わった。

もちろん、冬季五輪にはサッカーはなく、「サッカーから学ぶ組織開発・人材開発」で取り上げるテーマとしては、まったくもって相応しくないことは承知している。しかし、私はどのようなスポーツを見ても、サッカーを軸に視点を定め、サッカーと比較してその違いを見出そうとしてしまうのだが、その観点から発見があったので、是非とも書き記しておきたいと思った。
続きを読む

今なぜGIAリーダーなのか(山田奈緒子)

PFC山田奈緒子です。
スリランカでの体験学習を中心にグローバル・リーダーを育成する「GIAリーダー・プログラム」が今年も4月よりスタートします。本日は、このGIAリーダープログムに社員の方の派遣を検討中の皆様、グローバル・リーダーの育成を課題にもつ皆様に、「今なぜGIAリーダーなのか」を中心にお届けしたいと思います。

GIAでイノベーターシップを育てる

micro

マイクロファイナンスで起業した現地の方からヒアリング中の参加者

GIAのGはグローバルのGで、その重要性は今さら説くまでもありませんので、今回はまずGIAの二つ目「I=Inovation」について書いてみたいと思います。
最近は、次世代リーダー育成の案件でお客様と議論をすると、必ずといっていいほど「イノベーターシップ」の強化が喫緊の課題で、「デザインシンキング」の考え方をプログラムに盛り込んでほしい、と行ったリクエストをいただきます。早期に仮説を掲げ、受益者およびその社会システムのステークホルダーと対話を重ね、仮説を進化させる事業創造リーダーが各社で求められているわけです。 続きを読む

サッカーから学ぶデザイン思考

matsu_seminar【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】第69回:サッカーから学ぶデザイン思考 ~「ドリブルデザイナー」という職業の岡部将和さん

岡部将和さんという人をご存知だろうか。ここのところ、私は暇さえあれば彼のYouTubeの動画を見ている。
彼の職業は、おそらく、世界で一人なのではないだろうか、「ドリブルデザイナー」というものだ。
世界中から視聴者が訪れるらしく、彼が“デザイン”したサッカーのドリブルのテクニックを披露した動画の総再生回数は6000万回を超えるというからすさまじい。 続きを読む

2018年 年頭のご挨拶

nengajoあけましておめでとうございます。

旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。
本年もクライアントの皆様に寄り添ったサービスの提供を目指し、スタッフ一同力を尽くして行きます。
何卒本年も宜しくお願い申し上げます。

以下、代表取締役 松村卓朗からのご挨拶です。
*************************************************************
matsu_seminarあけましておめでとうございます。
本年も、昨年に引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、この場を借りて株式会社ピープルフォーカス・コンサルティングの2017年を簡単に振り返り、そして2018年の抱負を述べたいと思います。 続きを読む

vol.13恵比寿ソーシャル映画祭 「みんなの学校」上映レポート

2017年10月21日(土)、台風21号接近という足元の悪い中、会場にはレインコートや長靴姿の小さなお子さん連れの親御さんから、教育関係のお仕事に携わる方など様々な方、数十名にお集まりいただきました。

%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ae%e5%ad%a6%e6%a0%a1

今回のプログラムは、弊社PFCの障がい者活躍推進チームのメンバーの主導により、企画運営されました。障がい者活躍推進チームではかねてより、企業における障がい者活用の活性化を目指した活動をしておりますが、今回の「みんなの学校」という映画を通じて、マイノリティが組織において輝くために、どのような取り組みや考え方が有効なのかをともに考える、その啓蒙活動の一環として企画の実施に至りました。
当日は満員の会場の中、弊社千葉の司会で和やかにイベントが開始されました。今回は、認定NPO 法人Teach For Japanとの共同開催で、上映後には「みんなの学校」の舞台となった大空小学校・初代校長先生で現在はTeach For Japan理事の木村泰子さんと代表理事白田直也さんとのトークイベントが実現しました。

続きを読む

ATD2018(サンディエゴ)ラーニングチームに参加しませんか?

2018年5月にアトランタで開催されるATD(人材開発・組織開発分野に従事する人のためのカンファレンス)に、PFCのATDラーニング・チームの一員として、一緒に参加されませんか?
チームを率いるジャンゴこと田岡純一からのメッセージをお届けします。
(参加のための詳細はこちらをご覧ください。)

続きを読む

12/5(火)恵比寿ソーシャル映画祭 vol.15「『ポバティー・インク』鑑賞会×トークショー」が開催されます。

%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af_n PFCのソーシャル事業担当の千葉達也です。ソーシャル事業では、グローバル・エンゲージメント研修の開発やGEI有志会の開催等、社会的課題をテーマにした取り組みを行っています。そして、さらにその一環として社会派ドキュメンタリー映画を上映し対話する取り組みを2016年4月より開始しました。

Vol.15では12月の寄付月間公式企画の認定をもらい、映画「ポバティー・インク」を今年も上映します。現在、寄付を考えられている方はどんな団体に寄付するべきか、考える機会になればと思います。

続きを読む