作成者別アーカイブ: PFC staff

atd2018_glovalv

2018年6月15日ATDカンファレンス2018公開報告会が開催されます

ATDカンファレンス2018公開報告会
お申し込みはこちら

2018年5月にサンディエゴ(米国)で開催されたATDカンファレンスの公開報告会が、カンファレンスに参加してきたPFCスタッフにより東京にて開催されます。
組織開発、人材開発、リーダー育成等の最先端トピックを知るチャンス!ぜひご参加ください!

kenblanchard

Ken Blanchard氏

【日 時】2018年6月15日(金)16:00~18:00 ※開場15:30

【会 場】御茶ノ水NKビル(トライエッジ御茶ノ水)11階
東京都千代田区神田駿河台4-2-5
地図こちら

【参加費】4,000円(税込)(資料代含む)
※当日受付にてお支払い下さい。

【お申込】こちらのフォームからお申込下さい。
※同業者の方はご遠慮頂いております。
続きを読む

5/22(火)恵比寿ソーシャル映画祭 vol.18「女を修理する男」(映画鑑賞×トークセッション)が開催されます。

tirasi_pic_1522632128

PFCのソーシャル事業担当の千葉達也です。ソーシャル事業では、グローバル・エンゲージメント研修の開発やGEI有志会の開催等、社会的課題をテーマにした取り組みを行っています。そして、さらにその一環として社会派ドキュメンタリー映画を上映し対話する恵比寿ソーシャル映画祭を2016年4月より開始しました。

vol.18では、映画「女を修理する男」を上映します。コンゴ民主共和国で性的被害にあった女性達を治療するデニ・ムクウェゲ医師は、2012年に脅迫を受け一時は海外に避難します。しかし、翌年には命の危険を冒して再びコンゴに戻り、命がけの治療を再開する姿を記録したドキュメンタリー映画です。 鑑賞後には、国際協力NGOジョイセフの小野美智代さんをゲストに迎えたトークセッションも予定しています。

続きを読む

ハリルホジッチ監督の解任劇に見た人事のコミュニケーションのタブー

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】第72回:ハリルホジッチ監督の解任劇に見た人事のコミュニケーションのタブー~コミュニケーション不足を理由に監督を解任したが、日本サッカー協会こそがコミュニケーション不足ではないか~

matsu_seminarロシアでのW杯本番を2か月後に控え、ハリルホジッチ監督が突然解任された。
監督の解任の是非そのものは、確かな情報もないので、私には正直論ずることはできない。
ただ、日本サッカー協会会長による解任会見を聞いて、ものすごい違和感が残った。(来日したハリルホジッチ前監督の会見も聞いて、その違和感はますます強まった。) 続きを読む

【ジャンゴのちょっといい話:田岡純一】子供と大人の発達段階は同じ?

taoka_new皆さん、こんにちは!
GWはいかがでしたか?

お出かけして家族と楽しい時間を過ごした方、お出かけはせずに近場でゆっくりと過ごされた方、それぞれに有意義な時間を過ごされたことと思います。私は毎年参加しているATDに参加するため5日に日本を出発しサンディエゴに来ています。今年も沢山の最新情報を入手して日本に持ち帰れるようがんばります!楽しみにしていてください。 続きを読む

4/18(水)恵比寿ソーシャル映画祭 vol.17「365日のシンプルライフ」が開催されます。

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e6%98%a0%e7%94%bbPFCのソーシャル事業担当の千葉達也です。ソーシャル事業では、グローバル・エンゲージメント研修の開発やGEI有志会の開催等、社会的課題をテーマにした取り組みを行っています。そして、さらにその一環として社会派ドキュメンタリー映画を上映し対話する恵比寿ソーシャル映画祭を2016年4月より開始しました。

2018年初回のvol.17では、映画「365日のシンプルライフ」を上映します。
続きを読む

上手くないのに本気で日本代表入りを目指すサッカー選手

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】第71回:上手くないのに本気で日本代表入りを目指すサッカー選手~何が何でも諦めない「丸山龍也」選手から学ぶ、不可能を可能にするキャリア形成の極意~

matsu_seminar冬季オリンピックとパラリンピックが終わり、いよいよ今年の次の大きなイベントは、ロシアで開催されるサッカーのW杯となった。
W杯を3ヵ月後に控えた日本代表チームは、W杯を想定したここ最近の練習試合で苦戦していた。W杯メンバーへの選出が確実視されるほどに活躍できた選手は皆無だし、チームとしての完成度は極めて低いようだ。従って、誰が最終選考に残ってロシアW杯に行けるのかは、全く分からない状況だ。ハリルホジッチ監督も、まだまだW杯直前まで、選手達を競争させるつもりでいるようで、選手にとっては所属チームで結果を出し続けるしかない緊張感に包まれた日々が続く。 続きを読む

【ジャンゴのちょっといい話:田岡純一】現代組織の持つ課題とティール組織

taoka_new今日は最近読んだ書籍「ティール組織-マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現 」から、感じた組織の在り方や課題について紹介したいと思います。

<そもそもティール組織とは>

時代が変わればそれに応じた適切な組織のモデルも変わる。次世代型組織のモデルとしてフレデリック・ラルーが提唱したのが「ティール組織」。原著は「Reinventing organizations」、2018年1月に日本語版が発行されました。

”ティール:teal”とは色の名前です。これはケン・ウィルバーのインテグラル理論の中で提唱されている意識のスペクトラムに準拠しています。 続きを読む

4月25日開催・企業×NGOの協働による共創について語り合う夕べ

4%e6%9c%8825%e6%97%a5%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e5%91%8a%e7%9f%a5%e6%96%87_%e6%a1%88■企業×NGOの協働による共創について語り合う夕べ
ゲストスピーカー:NPO法人SUSU共同代表 青木 健太
(前NPO法人かものはしプロジェクト 共同代表)

PFCのソーシャル事業担当の千葉達也です。ソーシャル事業では、グローバル・エンゲージメント研修の開発やGEI有志会の開催等、社会的課題をテーマにした取り組みを行ってきましたが、今回はPFCが実際に協業しているNGOの方をお迎えして、活動のご紹介をする場を設けました。

続きを読む

グローバル基準でリーダーシップを診断するサヴィル・アセスメント(山田奈緒子)

「わが社の基幹人材は、他社と比べてどのような点が優れているのか?」
「わが社の人材は、何が強みで何が足りないのか?」
「自分の能力や強み・弱みをもっと客観的に知りたい」
人材開発の関係者から、経営層や事業の現場の声に応えたいと、こういったリクエストが寄せられることが増えました。

PFCでは、これまでのどのようなツールより「客観的なアセスメント」ができるとして、「サヴィル(Saville)・アセスメント」を活用したリーダーシップ開発や組織開発コンサルティングを始めました。今日は、このサヴィル・アセスメントを、下記の3つの観点からご紹介したいと思います。 続きを読む

オンライン動画を活用したライフスキル研修事業

オンライン動画を活用したライフスキル研修事業

第2回「グリーン・オーシャン大賞」において、「オンライン動画を活用したライフスキル研修事業」が優秀賞を受賞しました。

株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング(PFC)は、ソーシャル・イノベーション・マガジン!「オルタナ」の主催する第2回「グリーン・オーシャン大賞」において、優秀賞を受賞致しました。

昨年の第1回は、大企業部門では2ドルトイレで衛生課題の解決取り組むLIXILが、中小企業部門では9つの社会的事業を成長させているボーダレス・ジャパンが、それぞれ金賞を受賞しました。 続きを読む