作成者別アーカイブ: PFC staff

20190107

2019年 年頭のご挨拶(代表取締役 松村卓朗)

matsu_seminar新年あけましておめでとうございます。
旧年中は、皆さま方に大変お世話になり、ありがとうございました。
本年も、昨年に引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、この場を借りて昨年のピープルフォーカス・コンサルティングの活動を簡単に振り返り、そして今年の抱負を述べたいと思います。
ところで、「抱負」という言葉は英語では“resolution”となります。現在経営の重要なキーワードになったと言ってもよいSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)も、英語では“resolution”という位置づけなので、まさに2030年に向けた「抱負」です。 続きを読む

20170107_soccer

“凡事徹底” “働き方改革”の大津高校 平岡監督

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】第79回:“凡事徹底”“働き方改革”の大津高校 平岡監督~大晦日に高校サッカーを見に行ったが、対戦相手の大津高校 平岡監督の指導法に目を奪われた~

昨年の大晦日、横浜の三ツ沢競技場まで高校サッカーの全国大会を見に出かけた。
人に話すと、「よくそんな暮れの慌ただしい日にサッカーなど見に行くなんて」と呆れられたが、よほどのことがない限り、私も大晦日に高校サッカーなど見に行かない。大晦日に見に出かけたのは、実に20年ぶりだ。20年前にも同じ横浜の三ツ沢競技場に行ったことを覚えているが、そのとき見たかった選手は、岩手・大船渡高校の小笠原満男選手だ。昨年末に鹿島アントラーズを引退したが、鹿島20冠のうち17冠に関わった、他に比類なきレジェンドだ。 続きを読む

8db20a940fd13790d49b4b2d047466b9_s

ホームレスをゼロにしたいのではない、社会を変えたい、失敗してもいい社会を作りたい

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】第78回:ホームレスをゼロにしたいのではない、社会を変えたい、失敗してもいい社会を作りたい~ウーマン・オブ・ザ・イヤーの川口加奈さんとホームレス・サッカーワールドカップの話をした~

matsu_seminarつい先日、「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー」の授賞式に出席させていただいた受賞者の皆さんは、今年最も活躍したとされる錚々たる女性の面々で、一人ひとりの活動内容やコメントを聞いて、大いに刺激を受けた。
大賞をとったのは中村朱美さんで、「1日100食、ランチ営業のみ」の営業形態で、従業員全員が残業なしで帰る働き方を実現するステーキ丼専門店「佰食屋」のオーナー。あえて儲けを追求せず、短時間でも働きがいを持てる営業形態が、育児や介護などの事情を抱えた人でも細く長く働ける「人生100年時代の新たな事業モデル」として注目を浴びているということだ。 続きを読む

a137894d9b6e43f658b7975d23b935f3_s

【ジャンゴのちょっといい話:田岡純一】自分や他者とつながる“コネクション・プラクティス”

今回は9月のPFC通信でご紹介した“心臓には脳がある”ハート(心臓)の偉大な力を再発見‟の続編です。

前回、心臓と脳が協調して動くコヒーレントな状態を創りだす“クイックコヒーランス”のやり方についてご紹介しました。そのやり方は下記の通り。

-クイックコヒーランスのやり方-
<ステップ1>
まずはゆったりと椅子に腰掛けましょう。慣れれば、立ったままででもコヒーランスは実践できます。
ストレスから気持ちを切り離すために、心臓周辺に意識を向けます。この時、心臓の鼓動を意識しないようにしましょう。 続きを読む

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%bb%e3%82%b9%e5%9b%b33

ソーシャル・アントレプレナーのための思考フレーム(チェルシー・リン)

chelseyデザインシンキングは、2005年にスタンフォード大学に創設されたd.schoolが提唱したことにより世に広まりました。このd.schoolに1年間在籍したPFCコーディネーターのチェルシー・リンの記事をお届けします。

デザインシンキングは、もともとは、ソーシャル・アントレプレナーのための思考フレームとして生まれたものです。 続きを読む

サッカー選手から学ぶ働き方改革

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】第77回:サッカー選手から学ぶ働き方改革~本田圭佑選手やフラミニ選手など、サッカーと“複業”を両立させている選手が世界中で活躍し始めた~

いま、日本の社会では、“働き方改革”花盛りだ。matsu_seminar

働き方改革によって大いに組織開発は進むし、改革を成功に導くには人材開発が求められるわけなので、私も働き方改革をテーマにした講演をさせていただく機会や、働き方改革を進めるためのコンサルティングを依頼されることが増えた。多くの企業の実態に触れると、様々な取り組みを行っていることが分かる。

続きを読む

10/9(火)恵比寿ソーシャル映画祭 vol.22「パレードへようこそ」(映画鑑賞×トークセッション)が開催されます。

jon_chirashiPFCのソーシャル事業担当の千葉達也です。ソーシャル事業では、グローバル・エンゲージメント研修の開発やGEI有志会の開催等、社会的課題をテーマにした取り組みを行っています。そして、さらにその一環として社会派ドキュメンタリー映画を上映し対話する恵比寿ソーシャル映画祭を2016年4月より開始しました。

恵比寿ソーシャル映画祭vol.22では、10月11月のカミングアウトデーを応援したいと思い、10月9日に「パレードへようこそ」を上映します!カミングアウトデーは、LGBTなど社会的にマイノリティとされる人々が、自分らしくいきたいと決心しカミングアウトするのを応援する日です。
今回の映画では、LGBTの人々が、不況に苦しむ炭坑労働者とその家族を支援したいと行動を起こすのですが、当初はLGBTというイメージだけで色々な団体から断られてしまいます。しかし、偶然の出会いから支援を受け入れる団体が登場し、幾度もの衝突を乗り越えて、お互いの理解を深めていきます。と書くと難しそうですが、ゴールデングローブ賞 映画部門の作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされた明るく楽しめる映画です。

続きを読む

20181001jango

【ジャンゴのちょっといい話:田岡純一】あなたにとって”働く”意義とは?

次から次へと台風が発生し、日本列島が大変なことになっていますね。
強い雨や風の影響で、よく眠れなかった方も多くいたのではないでしょうか。
朝の通勤にも大変な影響があったようで、朝からご苦労された方も多かったことでしょう。特に今年は、台風の当たり年のようで困ったものです。ただこれだけ多いのは、少なからず地球温暖化の影響もあるようで、もう少し地球への感謝の気持ちを持って付き合っていかないとダメですね。
ATDでオバマ元アメリカ大統領も、ジョン.F.ケネディーの言葉を引用し「人によって引き起こされた問題で、人が解決できないものはない」と語っておられましたが、地球を守っていくためにできることは、まだまだ沢山ありそうですね。 続きを読む

20181001

一流選手のメンタルを安定させ、ミスを引きずらせない方法

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】第76回:一流選手のメンタルを安定させ、ミスを引きずらせない方法~大坂なおみ選手を全米オープン優勝に導いたサーシャコーチの手法から、サッカードイツ代表のメンタルコーチングを思い出した~

matsu_seminar今回は、どうしてもテニスの話から始めたい。
大坂なおみさんが、全米オープンで優勝した。弱冠20歳での快挙だ。決勝は、4大大会を14回も優勝している、セリーナ・ウィリアムズを圧倒しての勝利だ。
これには、2017年12月からコーチをしているドイツ人のサーシャ・バイン氏の功績が大きいことは誰も異論はないだろう。サーシャコーチは、時速200キロクラスのサーブを持ちながらも、世界70位前後に停滞していた大坂なおみさんに関心を持ち、その指導を“魅力的なチャレンジ”と感じて引き受けたと語っている。 続きを読む

%e5%83%8d%e3%81%8d%e6%96%b95

働き方改革セミナー講演録「改革の意義や目的は明確か ~働き方改革のカギと具体的な進め方~]

去る9月13日、「働き方改革フォーラム」に於いて、PFC代表の松村卓朗が、「改革の意義や目的は明確か ~働き方改革のカギと具体的な進め方~」のテーマで講演を行いました。

会場には150人を超える方が詰めかけ、働き方改革への関心の高さが伺えました。このセミナーでは、日本航空・本田技研工業様から改革の『中身』についてお話があり、PFCからは改革の『進め方』に絞って、

 1) 企業における働き方改革の取り組みの現状
 2) 働き方改革を進める上でのカギ1(と具体的実例の紹介)
 3) 働き方改革を進める上でのカギ2(と具体的実例の紹介)
の3点でお話させていただきました。

本記事ではその講演内容を抜粋してお届けいたします。
貴社の働き方改革への取り組みのご参考となれば幸いです。 続きを読む