6c6e8aa9f9734a738bce80f65e650d84_s

現地ロシア・ヴォルゴグラードで見たW杯自分史上最悪の試合

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】第74回:現地ロシア・ヴォルゴグラードで見たW杯自分史上最悪の試合~日本代表チームの戦い方から、あなたは何を感じましたか?~

matsu_seminarたった今、ロシアから戻ってきて、この稿を書いている。
一週間ロシアにいたが、初めて訪れたこの国のイメージは、行く前と後で大きく変わった。まず、旧ソ連時代の無機質な建物が並ぶ閑散とした街並みを想像していたが、ヨーロッパ特有の洗練された建物と、一方他の西欧諸国には見られないカラフルな聖堂が立ち並ぶ、とても綺麗で壮大な街並みには大いに魅了された。そして、笑みを浮かべない冷たい感じの人達が多いと想像していたが、どこで出会う人も決して愛想を振りまくわけではないけれども実に実直で親切な人達ばかりで、大いに好感を抱いた。さらに、旧共産圏の“いけてない”サービスを受けることも覚悟していたが、ソ連が崩壊して既に四半世紀が経ち、テクノロジーの進化の助けもあって、何不自由のない便利で快適なサービスには逆に大変驚きもした。 続きを読む

atd2018_glovalv2

【ジャンゴのちょっといい話:田岡純一】2018年ATDカンファレンス・レポート(その2)

2018年ATDカンファレンス・レポート(その2)

レポート(その1)こちら

今回は2018年ATD-ICEに参加して感じたタレントディベロップメントの潮流について、キーワードをご紹介しながら考察してみたいと思います。

デジタル・トランスフォーメーション

デジタル・トランスフォーメーション(Digital transformation)とは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念である。2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱したとされる。(by ウィキペディア) 続きを読む

321a955bc6f034959f12beba3425b50e_s

組織の「実践力」をあげるためのワークショップ(PFC China)

上海に本社を置くPFC CHINAでは、組織の「実践力」をあげるための支援をしています。

先日、日系大手メーカーA社の営業マンを対象に、「問題解決の思考力強化プログラム」を提供。

既に営業マンが強みとして持っている行動のスピードを活かしながらも、より深くより広く考え、本質的な課題を見出し、課題に取り組むための支援しました。

オリジナルで作成した様々な演習を通じて、自分の思考の浅さ、狭さに気づき、今後に向けて必要な思考力強化の内容、具体的な方法について学びを深めていただきました。

e783c0b227dc49dc85942fbd25baae04_s

画像はイメージ

さらに、新評価制度を導入した日系大手メーカーB社に対しては、具体的な目標シートを使って、自分自身の目標、部下の目標をその場で書いていただき、目標としての妥当性(組織戦略との連動性、能力向上のためのチャレンジ性)について、講師や互いのアドバイスを行いました。

このワークショップを通じて、新制度の効果的な運用の支援を行いました。

私たちは、クライアント組織の「実践力」を上げるため、その組織が持つ強み、特徴を活かしながら支援することを大切にしています。どうぞお気軽にpfc@peoplefocus.co.jpまでお問い合わせください!

第27回資本主義の教養学講演会

全講座の案内を見る>>
お申込みはこちら

<第27回公開講演会の概要>

日 時:2018年9月7日(金)19:00-21:00(開場18:40)

会 場:東京大学 本郷キャンパス/東洋文化研究所 3F大会議室
地図はこちら

演 題: 国債・株式市場の今昔物語-戦前・戦時の金融市場と現代資本主義-

講演者:
平山賢一(東京海上アセットマネジメント 執行役員 運用本部長)

1966年神奈川県生まれ。横浜市立大学商学部卒業、埼玉大学大学院人文社会科学研究科博士後期課程修了、博士(経済学)。89年、大和証券投資信託委託入社、97年東京海上火災保険入社、2001年に東京海上アセットマネジメントに転籍。内外債券・株式などの運用に29年超にわたり従事中。
著書に『振り子の金融史観』『「増やすより減らさない」老後のつくり方』など。

6/18(月)恵比寿ソーシャル映画祭 vol.19「はじめてのおもてなし」(映画鑑賞×トークセッション)が開催されます。

%e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%a6%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%97
PFCのソーシャル事業担当の千葉達也です。ソーシャル事業では、グローバル・エンゲージメント研修の開発やGEI有志会の開催等、社会的課題をテーマにした取り組みを行っています。そして、さらにその一環として社会派ドキュメンタリー映画を上映し対話する恵比寿ソーシャル映画祭を2016年4月より開始しました。

vol.19では、「特定非営利活動法人 難民を助ける会 (AAR Japan)」との協働企画で、620日の難民の日直前の6月18日に映画「はじめてのおもてなし」を上映します。ある日曜日、子どもたちが顔を見せ、久しぶりに家族全員が集まったディナーの席で妻のアンゲリカが「難民を1人受け入れる」と唐突に宣言。夫や子どもたちが猛反対する中、難民の青年を家に受け入れたことをきっかけに変化していく家族の絆を描いたドイツ発のコメディドラマ映画です。 鑑賞後には、難民を助ける会の加藤玲奈さまをゲストに迎えたトークセッションも予定しています。

続きを読む

日大アメフト部のタックル騒動から考える、“心理的安全(サイコロジカル・セイフティ)”の重要性

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】第73回:日大アメフト部のタックル騒動から考える、“心理的安全(サイコロジカル・セイフティ)”の重要性~「恐怖マネジメント」でもチームが勝ててしまうことこそ、最大の恐怖~

matsu_seminarこのところ、日大アメフト部の危険タックルの話題が尽きることがない。どの時間帯のニュースを見てもトップで扱われているし、ネットやSNSでもますます広がりを見せる一方だ。
しかもこの問題は、「勝負とフェアプレイ」「大学の体育会の在り方」といった観点に留まらず、「危機管理」や「危機対応」、「ガバナンス」や「コンプライアンス」、そして、「組織マネジメント」や「トップのリーダーシップ」など、組織人が関心を抱くトピックが実に様々な角度から論じられている。我々ビジネスパーソンにも、とても分かりやすい形で様々な論点を示してくれ、そして教訓を与えてくれている。 続きを読む

営業会議が盛り上がっているチームの特徴(亀田啓一郎)

kameda2新年度が始まって改まった組織体制も落ち着いてきて、新たなチームで営業会議を行っているところは少なくないと思う。
そのような中、いい雰囲気で盛り上がっている営業チームと、そうでないチームがある。その違いを紐解いてみよう。

営業チーム成果の先行指標は、営業会議の盛り上がり

どのような業界、どのような企業にも、営業には「勝ちパターン」が存在している。
この勝ちパターンで動ける営業パーソンと、そうでない営業パーソンでは、営業成果は当然大きく違ってくる。 続きを読む

「ジャンゴと行く ATD-ICE」 2019のご案内

世界中の人材開発・組織開発担当者が集まり
最新の潮流に触れるカンファレンス『ATD-ICE2019』

引用:atd2019

引用:atd2019

【日 時】2019年5月18日(土)~ 5月23日(木)
※ATD-ICE:2019年5月19日(日)~22日(水)

【開催地】米国ワシントン DC

【宿泊・情報共有会】詳細未定(徒歩圏内で手配の予定です)

「ジャンゴと行くATD-ICE」は2019年にも実施いたします!

ATD(Association for Talent Development)は、人材開発や組織開発の分野に従事する人のための世界最大の会員組織です。毎年開催されるICE(International Conference & Exposition)と呼ばれるカンファレンスは 4日間に渡り、基調講演の他300を超えるセッションが開催され、世界各国から1万人近い参加者が集います。まさに世界中の人材開発・組織開発の英知が結集される場です。 続きを読む

atdblog2

【ジャンゴのちょっといい話:田岡純一】2018年ATDカンファレンス・レポート(その1)

2018年ATDカンファレンス・レポート(その1)

taoka_new今年もサンディエゴで開催されたATD-ICEに参加してきました。今回と次回の2回に分けてそのご報告をさせていただきます。

今年の目玉は何といっても前アメリカ大統領バラク・オバマ氏の基調講演でしょう!
今回はその基調講演の様子や内容についてご紹介させていただきます。

基調講演は毎回人気があり早めに会場に行き、並ぶ参加者が大勢います。今回は前日から注意事項が記載されたフライヤーが配布され、セキュリティーチェックがあること、会場で販売されている以外の飲み物は持ち込み禁止、写真撮影、ビデオ撮影の禁止、スマホ以外のカメラやビデオの持ち込み禁止、会場に6時30分前に来ないように等の注意が書かれていました。いつもにはないこの動きに、私たちも通常より早くいかないと会場に入れなくなるのではと思い、6時過ぎには会場に着くよう向かいました。 続きを読む

恵比寿ソーシャル映画祭vol.18「女を修理する男」((映画鑑賞×トークセッション)レポート

2018年5月22日に恵比寿ソーシャル映画祭vol.18「女を修理する男」(映画鑑賞×トークセッション)が開催されました。今回の映画は国内上映のためにクラウドファンディングが行われるなど話題となった作品で、平日の夜にも関わらず多くの方が会場に足を運んでくださいました。開催直前にも「1時間ですけどまだ申し込みできますか?」という問い合わせがあり、これがこの映画がもつ力なのだと感じました。

tirasi_pic_1522632128

続きを読む