全講座の案内を見る>>

お申込みはこちら
キャンセル待ちとなりました

<第七回公開講演会の概要>

演題
「生命誌と資本主義」
資本主義についての勉強をしたことはありません。ただ「生命誌」(生物を38億年の歴史を踏まえて研究する知)の研究を進め、「人間は生きものであり、自然の一部である」ことを基盤にした社会を組み立てることが重要と考えている立場からは、現在の金融資本主義がそれを阻害するシステムに見えます。  
地球を人間にとって暮らしやすい場にするための科学・科学技術はどのようなものであるか、またそのような科学・科学技術と相性のよい経済システムはどのようなものか。「生きものである人間」が暮らすこと、つまり、食べる、健康である、知を求める、楽しむなど日常的な行為を誰もが手にできるという視点から考えたいので、経済の側からの教えをいただきたいと思っております。


講演者
中村 桂子(生命誌研究者 JT生命誌研究館館長)
東京大学理学部化学科卒業、東京大学大学院生物化学専攻博士課程修了(理学博士)。
生命科学が生物の構造・機能の解明、技術の開発にのみ向いていることに疑問を抱き、その歴史性、関係性、多様性、階層性、全体性などに注目した「生命誌」を提唱。1993年「生命誌研究館」を創設。

ページTOP

全講座の案内を見る>>


Copyright 2014 People Focus Consulting All Rights Reserved.