全講座の案内を見る>>

お申込みはこちら

<第20回公開講演会の概要>

演題及び
講演概要

「宇沢弘文と社会的共通資本の経済学」

父である宇沢弘文は、人々が豊かに暮らせる社会の構築に、経済学は何ができるかを追求してきました。数理経済学に基盤を持ち、水俣病、成田問題、格差、都市、教育、地球環境など、多岐にわたる問題と関りながら思索を深め、社会的共通資本という理論を提唱しました。人間の心や自然といった従来の経済学には組み込まれて来なかったものを中心に据えることで、めまぐるしく変容する社会においても可塑性を持って対応でき、様々な問題に対し基礎となりうる考え方となっています。
娘の視点からその人生を振り返り、その理論がどのように構築されていったかを探っていきます。

講演者
占部まり
東京慈恵会医科大学卒業
メイヨークリニック ポストドクトラルリサーチフェロー(1992~1994年)    
2014年宇沢弘文死去に伴い、宇沢国際学館 取締役に就任。
2016年3月国連大学にて国際追悼シンポジウムを開催。
地域医療に携わる傍ら、宇沢弘文の理論、思想を多くの人々に伝えるために活動中。

ページTOP

全講座の案内を見る>>


Copyright 2014 People Focus Consulting All Rights Reserved.