PFC People focus conslting

コンセプト

コンセプト

PFCのコンセプト

「ピープルフォーカス・コンサルティング」 この名前にはまさに私たちのスタンス、考え方や思いが凝縮されています。 私たちは、「ピープル」(人と組織)が成長することこそ、企業運営にとって最も重要な課題と考え、そのためのあらゆる取組みを支援します。

組織の中に変革を起こし、成長を実現するにはどうしたらいいのだろうか。多くの企業がその答えを模索しています。PFCは、組織の構成員の一人ひとりこそが、変革の原動力となるべきだと考えています。メンバーの持つ情熱、夢、想い、アイデアを最大限引き出し、彼らが主役となり変革を進めるよう後押しをしていきます。
PFCでは、一社一社それぞれ異なる状況に対してカスタマイズし、人と組織の本質的な課題を考え抜き、クライアントと共にソリューションを創り上げていきます。 それはコンサルタントが考えたソリューションを提供するコンサルティング会社とも、プログラムありきの研修会社とも全く違う独自のアプローチです。 PFCは、本質を見抜くインサイト、的確なアドバイスを提供しながら、人と組織の本質的な成長を導いて行きます。

Our Principles

人が原点。成長と成功を実現するために助け合う関係づくり 。

PFCのスタンス、考え方、想いは、社名を構成する「ピープル」「フォーカス」「コンサルティング」という3つの言葉に凝縮されています。私たちは、ピープルすなわち人と、人の集合体としての組織にフォーカスして、真の変革を共に目指します。また、私たちはクライアントに寄り添い、成功まで導くという強い信念に突き動かされるプロフェッショナル集団です。様々な実績に裏打ちされたアプローチとソリューションを提供しながら、同時に、固定概念にとらわれない柔軟で自由な発想を取り込むことを心がけています。そしてクライアントの成長にとって最も有効な道筋を見いだすことに全力を注ぎます。

クライアントと共に、変革を導く。
クライアントが自らの意志と行動で、変革と成長への道筋を切り拓くお手伝いをします。

PFCは、研修やワークショップなどを通じて、クライアントのメンバー同士が協力し合い、組織の変革を推進していくことをサポートします。実践的で具体的な手法を用いながら、一社一社の課題にあわせてプログラムをカスタマイズ。クライアントが抱えている課題の本質を注視し、耳を傾け、課題が解決に至るまで責任をもって取り組みます。経営幹部・中間管理職・実務担当者など様々なレベルに対して、十分な時間をかけ理解を深め、その組織が求めるニーズにあわせて最も効果的なプログラムを創りあげていくのです。

「ファシリテーションこそが、成長と成功の鍵を握る。真の変革は、人と組織の内面から起こる。そして、その原動力は、ファシリテーティブなアプローチによって引き出され、持続可能となる」とPFCは信じています。

PFCは、20年以上にわたって、クライアント一社一社と二人三脚で歩みながら、組織に変革をもたらす取り組みを支えてきました。また組織の活性化と変革推進のために、日本で初めて「ファシリテーション」の概念を実践的な企業研修に用いたパイオニアとして、多くの経験と実績を積み重ねてきました。これからも、常に人材開発及び組織づくりにおける「ファシリテーション」を追求し続けます。

組織開発の5つの要素


チェンジ(Change)
- 「変えるよりも「変わる」。その言葉には強い意志があります

変革は与えられても根付きません。トップからあるいは外部から組織の形態や戦略を「変えて」みても、組織の本質は「変わら」ないのです。組織を織りなす人々の意識や行動などが、自らの意思で「変わって」いくことによってこそ、組織は新たな可能性への一歩を踏み出せるのです。

リーダーシップ(Leadership)
- リーダーのありかたが大きく変わりつつあります

リーダーのありかたが大きく変わりつつあります。 昨今、指示・命令することが、リーダーではなくなりました。部下を管理するのではなく、部下をリードする。それは、リーダーとしての想い・信念・価値観という足場を強固にしたときにはじめて、メンバーを尊重し、自立を促し、チームの力を信じ、人々を惹きつけるリーダーシップが育ち始めるのです。


チーム(Teams)
- 組織はチームの集合体です

どんなに大きな組織も、数人から数十人のチームの単位に分かれて運営されています。組織が高い成果を実現するためには、変化のスピードに対応しながら、少人数で大きな成果を上げる「チーム」の力をのばしていく事が欠かせません。 それは例えば、部や課といった常設の「チーム」であったり、プロジェクトやタスクフォースの即席の「チーム」であったりします。高い成果を出せる「チーム」にしていくことが、組織の競争力になります。

ダイバーシティ(Diversity)
- 多様であること。それは組織の力になります

世界は多様性に満ちています。 私たち人類も、その種の中に多様性をはらんでいるからこそ、力強い進化を遂げてきました。組織もまた然り。 社員一人一人の持つさまざまな違いが交わっていくからこそ、変化の激しいこの時代にも柔軟に対応し、たくましく生き抜ける力が生まれるのです。


バリュー(Values)
- 組織のバリューと個人のバリューをつなげること

どんな組織にも必ずその組織固有の価値観(バリュー)が存在します。その価値観を上から「与える」のではなく、社員一人ひとりが自らの価値観と向き合いながら、組織の価値観とのつながりを発見していくことで、組織と個人との間に強い絆が生まれるのです。PFCは、さまざまな企業理念の浸透方法を編み出してきました。それを活用することで、個人と企業の価値観をつなげていきます。



国内・国外を問わず、組織が健全かつ強固であるために必要な要素がこの5つのキーワードにあるとPFCは考えています。日本企業やグローバル企業の組織活性を支えて来た過去の経験と未来を見据えた視野をあわせ、各種プログラムを日本ならびに世界において提供いたします。

さらに、世をリードすることを常に志向するPFCは、近年ソーシャルビジネスにも取組んでいます。