カテゴリー:記事

  • グローバルなハイパフォーマンス・チームを作る

    前項でグローバルチームに必要な3つの要素を説明したが、本項ではそれぞれの要素をさらに質的に上の次元に発展させ、ハイパフォーマンス・チーム(HPT=高業績チーム)を実現させる方法について詳述する。 ハ…
  • グローバルチーム作りに必要な3つの概念

    グローバルな組織開発において、人の集合体を、単なる“足し算”である「グループ」ではなく、相乗効果が生まれた状態の“掛け算”となる「チーム」として機能させるためには何が必要なのか。 我々はチームがチームたり得るために、「…
  • 「チーム」と「グループ」の違いを知っていますか?

    あなたのチームは機能不全に陥っていませんか? チームビルディングと称して職場のチームの一体感を高める活動を取り入れる企業が目に見えて増えた。チームとして機能していないことに問題意識を抱く人が増えたということでもあろう。…
  • 「チームワーク」は日本企業の得意分野ではなかった?

    国際基準とは違う日本のチームワーク 「日本人のチームワークの良さ」は、これまでさまざまな面で取り上げられてきたが、しかし、その前提はあくまでも均質性の高いチームでのチームワークだ。グローバルチームに求められるのは、…
  • <事例>国際提携に失敗した2社

    国際提携した2社のチームが機能しなかった訳は? グローバルチームがつくられても、途中で機能しなくなる典型的な事例を具体的に見ておこう。ある日本企業、A社が国際提携をした例を考えてみる。 総合電機メーカーのA社は、…
  • チームづくりはグローバル化の重要課題

    ある日突然上司が外国人に..... 組織がグローバル化すると、チーム運営にこれまでにない変化が現れる。 国籍が異なった人たちで構成されるプロジェクトチームができ、ワーキングチームも国をまたがって運営されることも普通に…
  • CSPの複雑性がもたらす困難とは

    CSPの複雑性が、組織を機能不全に陥らせている グローバル組織に属した経験のある読者であれば「日本人だけの日本国内の組織ならもっとうまくいくのに」と感じた方も少なくないだろう。実際、我々もクライアントの現場でその種の声…
  • グローバル組織開発に立ちはだかる 3つの複雑性

    コンテクストが鍵 組織開発、すなわち「健全で強固な組織づくり」は、そもそも国内組織でも十分にできていないという企業は少なくない。それができないままにグローバル化を進展させ、グローバルな組織をつくろうとすると、広がりも影…
  • 外国人社員の不満の声は?

    海外現地から聞こえてくる不満の声 日本企業の海外現地社員からよく聞かされる声に、こんなものがある。 「同じ肩書でも、日本社員と現地社員では扱いが違う」 「方向性や目標が明確に伝わってこない」 「本社から来る情報が…
  • 組織のグローバル化の発展段階

    組織のグローバル化の4つの段階 組織がグローバル化していく過程には発展段階がある。異文化経営の権威であるN.アドラー氏のモデルを借りて、組織のグローバル化の発展段階を考察してみよう。アドラー氏は、企業の国際化の段階を4…
ページ上部へ戻る