TOP
5つの要素「バリュー」
どんな組織にも必ず「その組織固有の価値観(バリュー)」が複数存在する。また、社員一人ひとりも必ず「個人の価値観(バリュー)」を持っている。「組織の価値観」は、社員一人ひとりの「個人の価値観」と深く関わりあいながら、社員の行動や組織の方向性に大きな影響を及ぼしている。従って、組織の価値観の存在に気づき、それらを明確化し、個々人の価値観とベクトルを合わせていくことが、組織特有の力を最大限に発揮することにつながるのだ。

■■■ 1)バリューの明確化が競争力につながる ■■■
2005年に発表されたブーズアレンハミルトンとアスペン研究所の研究結果によると、企業の経済的価値の実現には、

・バリューへの社員の姿勢
・意思決定へのバリューの反映
・バリューの組織への浸透

などがきわめて強い相関があることが明らかになっている。
その理由についてPFCは次のように考えている。

1. 企業の独自性が明らかになり、その企業の提供する価値を求めているお客様から選ばれやすくなる(他社との差別化)。
2. 企業にとっての優先順位が明確になり、困難に直面したときや現場レベルでの意思決定がスピーディに行われる。
3. 社員にとって、日常業務がより意味深いものとなり、働く意義を実感できる。それによる労働意欲の向上や定着率の改善が期待できる(エンゲージメントの強化)。

そして、コンサルタントのマイケル・ヘンダーソン氏は、20世紀前半はMBI(Management by Instructions)すなわち命令による管理の時代、20世紀後半はMBO(Management by Objectives)すなわち目標管理の時代、そして21世紀はLTV(Leading through Values)すなわち価値観・信念によってリードする時代であると主張している。

■■■ 2)個人個人のバリューを明らかにすることが不可欠 ■■■
これまでは、組織の価値観に関する取組みといえば、「どのような文言で表現するか」「どのような価値観を打ち出すか」あるいは「いかに社員に組織の価値観を覚えさせるか」といったことばかりに主眼がおかれてきた。

しかし、まずやらなくてはいけないことは、社員一人ひとりが自らの価値観を明確にすることなのだ。なぜならば、「組織の価値観が、自分の価値観に合致している、あるいは関連している」と認識して初めて真の意味で価値観の浸透が可能になるからだ。

価値観の共有(Shared Value)とは、「社員に価値観を与える」のではなく、「社員ひとりひとりの価値観を引き出し、組織の価値観と結びつける」こと。社員自身の価値観が引き出され、社員自身が組織の価値観と結びつけることを行い、そして、社員自身それを再び自分の中にしまうことで、バリューははじめて浸透するのだ。

「自分のところのような大きな会社で、ひとりひとりの価値観を引き出すというようなことが可能だろうか?」と考える人もいるかもしれない。しかしIBMで、数万人の社員が自社のバリュー規定に参加した「バリュージャム」のことは、ご存知の人も多いのではないだろうか。大企業においても、この考え方は有用なのだ。

■■■ 3)バリューの洗い出しに様々な手法を駆使する ■■■
個々人の価値観を明確にする重要性が理解できたとして、「あなたの価値観は何ですか?」と聞かれてスラスラ答えられる人は滅多にいない。また、会社の価値観を規定するにも、一部の人間が「これがわが社の価値観です!」と決めてしまっていいものだろうか。組織の価値観にせよ個人の価値観にせよ、価値観の洗い出し・抽出作業には、様々な工夫や仕掛けが必要だ。

PFCでは、研究や実験を重ね、個人の価値観を引き出すバリュー・インタビュー手法、チームの価値観を洗い出すグループインタビュー手法、組織全体の価値観を規定するワークショップ手法などを編み出し活用している。また、個々人の価値観を調査・分析した上で組織全体や階層別・部署別の傾向を洗い出すITツールも入手している。

ページTOP▲


Copyright (C) People focus consulting All Rights Reserved. 
このHP内に記載されている内容の著作権は全て、株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング及び関係する団体・個人に帰属します。無断転載等はご遠慮ください。