TOP
5つの要素「チーム」
皆さんの職場に「チーム」はあるだろうか?
変化のスピードが速く、不確実性の高い現代において、組織はいかに高い専門性をもち、少ない人数で最大の成果を挙げていくかが求められている。今、その組織の能力を高めるために「チーム」という概念が改めて注目されている。今回は、その「チーム」について説明する。

1. 21世紀の組織は「チーム」の集合体である。
2. 効果的なチームに必要な3大要素は、
「明確な目標・方針」
「共有されているプロセス」
「ダイナミックな人間関係」
3. 真のチームは、個人も組織も輝かせる。

■■■ 21世紀の組織は「チーム」の集合体である ■■■
チームについて、コンサルタントのカッツェンバックは、「ある特定の目的のために、多様な人材が集まり、協働を通じて、相乗効果を生み出す少人数の集合体」と定義している。 現在のような環境下で高い成果を出していくには、多様なタレントが、スピーディーで豊富かつ質の高いコミュニケーションを図り、それをつむいでいく必要性がある。しかし、中央集権型の体制でこれを行うことは極めて難しいことだ。大きな集団ではなく、もっと小回りのきく小規模なチームで組織を運営してこそ実現性が高まるのではないだろうか?

例えば、
経営陣はマネジメント「チーム」。
部門もそれぞれがひとつの「チーム」。
部門の壁を超えた、様々なプロジェクト「チーム」。
これらの集合体が組織であるという考え方だ。

スポーツ界でいうと、千葉ロッテマリーンズの監督ボビー・バレンタイン氏がその重要性を認識し、05年に体現している。またビジネス界ではIBMのCEOパルミサーノ氏が、「チーム」という言葉を常に発し続け、組織の能力を最大化させようと試みている。

■■■ 効果的なチームに必要な3大要素 ■■■
(1)明確な目標・方針
(2)共有されているプロセス
(3)ダイナミックな人間関係
最大の成果を上げる「チーム」を効果的に機能させるにはこの3つが極めて重要である。

(1)明確な目標・方針
明確な目標・方針が「ある」。これでは十分ではない。 メンバー全員がチームの目標や方針を同じ目線で捉えている必要がある。それに加え、さらに、目標に到達したゴールの具体的なイメージまで共有されれば、メンバーのエネルギー・レベルも一層、高まる。

(2)共有されているプロセス
「物事をどのように進めているのか」を共有し、実行への納得感を高めていく。進め方が共通化されることで作業効率も上がる。例えばGEでは、仕事の進め方が共通化されていることで、知らない社員同士が集まっても、すぐに作業にとりかかることができる状態が作られている。

3)ダイナミックな人間関係
それぞれのメンバーの特性を十分理解し、その多様性を認め合い、活かし合える環境を作ることが重要だ。
チーム作り・チーム運営には、常にこの3つを意識し、留意して働きかけることが欠かない。

■■■ 真のチームは、個人も組織も輝かせる ■■■
上述の3要素が実現することで、当然ながら組織の成果が高まって行くが、それに加え、真のチームの存在は「個人の成長の機会」にもつながる。

高い目標達成意欲を持っていれば、メンバーは「成果」に、よりこだわるようになる。そして成果の実現のためにメンバーそれぞれが専門性を発揮し、相互に刺激し合い、パフォーマンスを高めようとする。そのための建設的なプレッシャーもかかっていく。またメンバー同士が互いを尊重する高い信頼関係に基づき、個々のパフォーマンスに対して健全なフィードバックが為される。そしてチームとしての成果に対しても十分な振り返りが行われるようになるのだ。これらの機会を通じて、
「メンバーが自身の成長を実感し」
 

「その成長がまたチームへのコミットを高める」

という良いサイクルが廻り始めれば、個人も組織も輝き続けることができるのだ。
(PFCコンサルタント・吉村浩一)

ページTOP▲




Copyright (C) People focus consulting All Rights Reserved. 
このHP内に記載されている内容の著作権は全て、株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング及び関係する団体・個人に帰属します。無断転載等はご遠慮ください。